新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

機能トレーニング(1) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!
さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は「機能トレーニング」についてです。

【機能トレーニングの五大原則】
▶・重力の利用
・分離と協調
・運動連鎖
・3面運動
・力の吸収と発揮

 

今回は特に「重力の利用」について書いていきます。

【重力の利用】
重力制御ができていないと体の機能に障害が生まれます。

「前屈」を例にして重力の利用をみていきます。

 

前屈は太もも裏の筋肉(ハム)が突っ張るためこの筋が問題視されがちですが、機能トレーニングで有名なグレイクック氏によればこのハムが問題になることは少ないそうです。
では何が問題か?
その答えの一つが「重力の利用」です。

 

重力の利用を用いて前屈がどれだけ改善するかみてみましょう!

①まず、何も意識せず前屈してみます。この時ハムにつっぱり感を感じます。
②次いで、重力利用の機能トレーニングをします。(10秒程度)
③再度前屈します。

これだけ変化しました。
つまり「重力の利用」でハムのつっぱり感を減少させ、前屈機能が向上します。
また重力の利用を止めた前屈に戻すと前屈が再度元の状態に戻ります。

体のことで疑問がありましたらお気軽にご相談下さい!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

コラム監修者

院長谷脇友隆

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから