足の小指の痛みと感覚麻痺【症例】 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

裸足で歩くと足の小趾に痛みと痺れ、感覚障害が生じる症例です。
視診してみると爪が外を向いているので、小趾が45°外に捻れていました。(ファランジールローテーション:Phalangeal Rotationといいます)

 

このファランジールローテーションは悪化すると内反小趾(外反母趾の逆)になることがあるので注意が必要です。
ファランジールローテーションの痛み自体は施術後になくなりましたが、すぐ再発しました。

 

そこで、
裸足で悪化するため、症状が無くなるまで、サンダルをやめてもらい、靴下と靴を履く頻度を高めてもらいエクササイズとして、足を地面につけたまま強く握る運動をします(地球を掴む感覚です)。
あとは徒手的に筋バランスを整えると1ヶ月程度で捻じれがなくなった状態で安定しました。

安定することで、症状が再発しなくなりました。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/