新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

スクワットで全身の柔軟性を視る! さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

スクワットは機能検査としてよく使われます。

スクワットは200種目程種類があるともいわれますが、今回紹介するのは「オーバーヘッドディープスクワット」です。

 

オーバーヘッドディープスクワット」は名前の通り
腕を頭より上に上げた(オーバーヘッド)、深くしゃがむスクワット(ディープスクワット)です。

    

 

「オーバーヘッドディープスクワット」は

1、 肩の柔軟性
2、 背中(胸椎)の柔軟性
3、 腰の柔軟性
4、 股関節の柔軟性
5、 足の柔軟性

これらを同時にみることができます。

 

【検査の順序】
1、 棒かタオルを両手で持って頭の上にあげます
2、 肩幅で立ちます。
3、 そのまま踵を上げないようにしゃがんでいきます。
4、 太ももが地面と平行より下までお尻を下げます

 
【見る点】
1、 手に持った棒(タオル)がつま先より後ろにあるか
2、 上半身は脛と平行かそれよりも垂直にあるか
3、 膝はつま先と同じ方向を向いているか
この3点が可能であれば、日常生活を行う上での柔軟性は十分と判断できます。

 

【よくある誤解】
スクワットのよくある誤解として「膝がつま先より前に出てはいけない」というものがありますが、これは間違いで、検査において膝がつま先より前にでることに問題はありません。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://www.heart-medical.co.jp/shop/sakurayama.html

コラム監修者

スクワットで全身の柔軟性を視る! さくらやま鍼灸接骨院 写真

院長谷脇友隆

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから