新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

外反母趾 もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!
もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の谷川です。

 
前回、五十肩が大好評でしたので続いて外反母趾について調べました。

外反母趾とは、足の親指の付け根が突出し、小指側に曲がる変形した状態です。

 

足趾の変形は、年齢を積み重ねることにより増加してきてます。
原因としては、遺伝や性別、足趾の長さまたは、靴が原因だといわれています。

その中でも、靴のサイズが合わない為に起きるケースが最も多い原因だといわれています。

 

症状が悪化すると、疼痛により立ち上がりや歩行障害を起き、重症化すると日常生活動作でも困難になり、転倒のリスク増大が拡大します。

 

「症状」

・関節の内側が突出している
・第2指に指が入り込み、アーチが低下して第2・第3指の中足骨基底骨に胼胝を形成する。

※アーチとは何か?
足部には、縦アーチ(内側、外側)、横アーチの3種類あります。この役割が荷重、分散、吸収し、また各方向での推進力を働かせる役目があります。

A:内側縦アーチ B外側縦アーチ
AB間 横アーチ

 

・背側骨間筋に萎縮を起こしやすい。
「その後の影響」

・足の捻じれで0脚になりやすい
・全身へのアライメントの崩れが出る。
・アーチが機能しないため荷重、分散ができない。
・足趾でバランス機能がうまくできなく、各方向への推進力での蹴りだしが出来ない。
・重心移動がうまくできない。

 

変形の分類

軽度・中度・重度

軽度・中度

A健常 9°~15°
B外反母趾16°~20°

※赤矢印 中足骨 点線 拇趾の基底骨

 

重度
HV角

外反母趾 20°以上

 

「治療」
保存的に矯正体操や装具療法を行う。軽度、中度
これ以外になると、変形が進行して重篤化したものは手術となります。中足骨の頚部の骨切りをするMitchell法が行われます。重度
軽度・中度の場合は骨格筋を鍛えることにより、変形と増悪の予防が出来ます。その矯正体操をご紹介します。
1)後脛骨筋エクササイズ

 

股関節はあぐらをかき、足首は伸ばします。足の内側でゴムバンドを引っ張ります。

※内側縦アーチの形成の機能強化を促す。

 

2)腓骨筋腱リリース

 

長・短腓骨筋の走行に沿って圧迫し、足関節の底背屈を行う。

※骨の配列を整えるために長・短腓骨筋の過緊張や柔軟性の低下の改善が必要となる。

 

3)横アーチに対するエクササイズ

 

弾力性のあるボールを把持し、つかむ動作を繰り返す。各10回行う。
※内在筋を鍛えることで横アーチを形成を促進する

 

4)スクワッティング

A立位

 

 

B中腰姿勢


タオルを巻いたものを足裏の中央部に挿入し、スクワットを繰り返す。

※立ち上がり動作における下肢機能向上を図る。

※何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください。

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://www.heart-medical.co.jp/shop/moriyama.html

コラム監修者

外反母趾 もりやま鍼灸接骨院 写真

院長粟屋慎吾

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから