五十肩について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の村瀬です!

 

11月も中旬を過ぎ、だいぶ朝晩の気温の冷え込みが激しくなってきましたね。

 
今回は五十肩について3回に分けて説明をさせて頂きます!
第1弾は五十肩についての説明と症状についての説明です。

 
五十肩とは?
50歳代を中心とした中年以降に、肩関節周囲組織の退行性変化を基盤として明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群と定義されている。五十肩には特に誘因が認められないことが多く、ときに軽微な外傷の繰り返しの後に肩の不快感や疼痛で発症する。好発年齢は40~60歳代です。

 

五十肩の症状について
「朝、着替える時に肩が痛くて腕が上がらない」「突然、肩周辺に強い痛みを感じる」などの症状などがあります。
痛みが急性期の場合だと夜中寝ている際に痛みが出たり、安静にしているだけでも痛みが出る場合などが見られます。
またこれらの症状には腱板損傷などと似たような症状になりますので鑑別が必要となってきます。

 

これらの症状でお困りならぜひ一度当院に御相談下さい。
次回は治療についてのご説明をさせて頂きます!

 


おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

https://omori-shinkyusekkotsu.com/