事故の後遺症で「むちうち」になったらどうすればいい?

事故の後遺症で「むちうち」になったらどうすればいい?
交通事故の後遺症として挙げられる「むちうち」。

事故直後はむちうちの症状が出ていなくても、実は筋肉や骨格、神経はかなりの損傷を受けており、時間経過によって様々な症状が出てくる場合もあります。

今回は、そんなむちうちを放置して後遺症を残さないためにも、

  • むちうちの症状とは?
  • むちうちになった場合は、整形外科?接骨院?
  • 接骨院・整骨院で治療する場合、保険は適用できる?

…などの疑問にお答えします。

むちうちとは

「むちうち」とは、交通事故などで首に強い衝撃が加わることで起こる捻挫の一つです。

正式名称は「外傷性頸部症候群」や「頸椎捻挫」と呼ばれており、中でも骨や椎間板・靭帯には損傷を伴うことがなく、検査によっても神経障害がみられないものをむちうちと言います。
むちうちは、交通事故の際に高い確率で発症し、後遺症の中でも代表的なものとなります。

むちうちの主な症状は首の痛みだけだと思いがちですが、実はそれだけではありません。

他にも、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、腕や手にかけてのしびれ、腰や背中の痛みや倦怠感、不眠…など、身体のいたるところに様々な症状が出ます。

むちうちになってしまった場合、首の損傷度合いによって痛みの出方や治療期間などは個人差があり、ズキズキと強い痛みを感じることもあれば、首〜肩にかけて重だるさを感じたり、しびれを感じたりと、人によって痛みの感じ方は様々です。

関連記事:「むちうちってどんな痛み?どれぐらいで治る?症状や原因、対処法とは

後遺症としてむちうちが出てくるのは数日後?

後遺症としてむちうちが出てくるのは数日後?
後遺症としてむちうちが発症するタイミングにも個人差がありますが、事故に遭ってからも自覚症状がすぐに出ないことも多く、事故から数日~数週間程度空いてから症状が出始める場合もあります。

そのため、事故後は必ず医療機関で検査を行い、しばらくは痛みなどの症状が出ていなくても安心せず、「首が痛い」や「手足がしびれる」など、少しでも違和感を覚えた場合は、早めの受診をおすすめします。

むちうち以外の後遺症

交通事故に遭ってしまった場合、むちうち以外の後遺症として、腰椎症や自律神経障害などの症状が残る場合もあります。

腰椎症

腰椎症とは、背骨のうち腰部にある腰椎で痛みやだるさが出てしまう症状です。

背骨を構成する椎間板と呼ばれる骨と骨の間でクッション役割を担う組織が、加齢や負荷によって弾力がなくなってしまい、骨同士が衝突して変形し、周りの神経などを刺激してしまい、痛みやだるさを発症します。

自律神経障害

自律神経には、昼間など活動している時に活発になる交感神経と、夜間の睡眠やリラックスタイムに活発になる副交感神経があり、普段はその相反する作用を持つ2つの神経が、内蔵の働きや体温などの体の機能をコントロールしています。

しかし、それが精神的ストレスや身体的ストレスなどにより乱れてしまうと、めまい、動悸、不眠、顔のほてり、発汗異常などの症状が出ます。
むちうち以外の後遺症

事故の後遺症でむちうちになった場合、保険は適用できる?

事故の後遺症でむちうちになってしまった場合、接骨院での治療にも自賠責保険の適用が可能です。

交通事故による「むちうち」の痛みは、外見上は問題がなくても、衝突などの衝撃で筋肉や骨格、神経はかなりの損傷を受けている場合があります。

それほど痛くないからと言って放置しておくと、季節の変わり目に関節が痛くなったり頭痛がしたり・・・という後遺症に悩まされることも多いため、できるだけ早く手当てをして、しっかりとリハビリを行う必要があります。

交通事故による治療費用は、自賠責保険の適用によって全て保険会社が負担してくれるため、交通事故に遭った際は、まず保険会社に連絡をして確認をとりましょう。

自賠責保険とは

自賠責保険とは略称で、正式には自動車損害補償責任保険と言います。

自賠責保険は、公道を走る全ての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務付けられていることから、一般的に「強制保険」と呼ばれており、交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的とした保険制度です。

自賠責保険の目的は、被害者の保護であるため、本来は保険の契約者である加害者が保険金の請求を行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。

被害者が請求を行う場合は、保険金の請求でなく損害賠償の請求になりますが、被害者にとっては同じ金額が補償されます。

自賠責保険での治療についてはこちらの「交通事故・むちうちに対する治療法」に詳しく書いております。

事故の後遺症でむちうちになったら整形外科?接骨院?

事故の後遺症でむちうちになったら整形外科?接骨院?
交通事故の後遺症でむちうちになってしまった場合、整形外科に行けばいいのか、もしくは接骨院・整骨院の方が回復が早いのか、それとも鍼灸院の治療がいいのかなど、悩まれることもあると思います。

そこで、整形外科、接骨院・整骨院、鍼灸院のそれぞれの違いや使い分けをまとめておきます。

整形外科

整形外科では、事故に遭った際に負傷した部分の精密な検査・診断が可能です。
そのため事故に遭った際には、まずはじめに整形外科を受診し、精密な病態把握を行うための検査を受けましょう。

また治療に関して、整形外科では外科的な処置は可能ですが、軟部組織に対する治療は少ないため、接骨院・整骨院に通う必要があるかどうか、医師の判断を仰ぐのが良いでしょう。

接骨院・整骨院

接骨院や整骨院では、筋肉・腱・靭帯などの軟部組織に対して、効果性の高い治療が可能であるため、骨折や外傷などの外科的な処置が必要ない場合に適しています。

そのため、事故後の検査と外科的治療は整形外科、その後の軟部組織の治療は接骨院・整骨院と使い分けるのが良いでしょう。

鍼灸院

鍼灸院は軟部組織だけでなく、神経症状に対し効果性の高い治療が可能です。

特に、炎症や神経症状、強い筋緊張に対し鍼治療は適しており、鍼で刺激することによって表面から届かない深い部分にもアプローチでき、自律神経のバランスを整え、痛みを緩和することができます。

事故の後遺症によるむちうちの治療

ハートメディカルグループの鍼灸接骨院では、むちうちの痛みや不快感を軽減させるために、以下のメニューをご用意しています。

ハイボルテージ療法

ハイボルテージ療法とは、最大150V の電圧をかけて通電することで、深い部分の筋肉(深層筋)までしっかり届き、筋肉の緊張を緩和してくれる治療法で、むちうちの痛みを短期間で軽減させることができます。

関連記事:「ハイボルテージ療法

鍼治療

鍼治療は、患部に対して体内から刺激することで、大きな効果を発揮する治療です。
特にむちうちの症状として現れる自律神経のバランスを整え、痛みを緩和させることも期待できます。

関連記事:「HM鍼灸法

全身調整

事故の後遺症などでむちうちになった場合は、痛みをとる直接的な治療だけでなく、全身の筋肉を刺激して血流状態をよくする為の全身調整も効果的です。

全身の筋肉と経穴(ツボ)を刺激することにより筋肉の緊張を和らげ、症状を軽減し、血液・リンパの流れを改善。新陳代謝を活性化させ、自然治癒力を高めて、症状の改善、患部の回復につなげます。

関連記事:「HM全身調整法
交通事故治療・むちうち治療に対する治療法

心と身体、両方に効く医療を提供するハートメディカルグループ


ハートメディカルグループは、毎月延べ25,000人もの方が来院される名古屋No.1の鍼灸接骨院グループです。

国家資格を有する治療家が、専門的な見地から症状を正確に見立てた上で、確かな技術をもって施術を行います。お身体のお悩み解決、各種保険診療のほか、交通事故治療・むちうち治療にも対応しています。

 


お近くの接骨院を探す

ご予約は各院までお気軽にお電話ください。