新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

やけど虫

おはようございます。ハートメディカル本部の伊藤です

 

本日も雨模様。しっとりとしたスタートになりました。

 

 

さて、最近は友人から蛍を見に行ったなどのお話を聞くことがあるのですが、それ以外にもこんな怖い虫の被害が全国的にあるとお聞きしましたので記事にさせていただきます。

 

 

通称「やけど虫」 正式名称は「アオバアリガタハネムシ」といいます。
体長が6~7mmの小さくてとても細い虫でアリのような形をしていて、頭部・後胸は黒色、前胸・中胸はオレンジ色で、尾の2節は黒い色をしているそうです。

 

image

 

 

 

日本全土に分布しており、水田、畑、湿った草地を好みます。
4月~10月は灯火によく飛来し、6~8月は特に多い時期です。
この虫の被害は、卵、幼虫、蛹、成虫のいずれも「ペデリン」という有害物質を体内に持っていて、人に止まったときに払い落としたりすると、体液が糸のように付着し、そこが数時間後に発赤し、水疱(線状皮膚炎)になります。火傷の痕のようになることから、「やけど虫」とも呼ばれます。眼に入ると、様々な眼の炎症を引き起こします。
最悪の場合は失明の恐れもあるとの事でした。

 

image (1)

 

 

 

 

 

image (2)

 

 

 
もし皮膚に止まったら叩かず、そっと払いのけてください。との注意書きがありました。

 

刺された所が跡になって残るという書き込みもありました。

 

私は田舎育ちですが、これまで気づかず過ごしてきました。
こんな恐ろしい虫がいるとは。。。

 

皆さんもガーデニングやキャンプなどにお出かけする機会もあるかと思いますが十分ご注意くださいね。
それでは本日も元気にお過ごしください。

 

 

ハートメディカルグループ 伊藤

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから