新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

膝の構造について さくらやま鍼灸接骨院

皆さまこんにちは!

桜山駅8番出口スグ『さくらやま鍼灸接骨院』(名古屋市昭和区)院長の谷脇です!

 

 

だいぶ気温も上がってきて少しずつ夏が近づいて来ているようですね。

寒暖の差が激しいので、体調管理をしっかりしていきましょう!
さて、さくらやまではスポーツ障害について力を入れています!

現在は部活動を行っている学生の方の利用が増えてきており、大変うれしい限りです!

その中でも特に多い怪我は、「膝」「足首」です。

 

 

今回は、簡単に「膝」の構造についてお話します。
————————————-
脚の関節と言われる「膝」は日常生活やスポーツを行う上で大変重要な役割をしてます。

 

「膝」は3つの骨(Bone)から構成されており、筋肉(Muscle)は膝を覆うように複雑な構造をしています。

他にも重要な役割をしているのが、“靭帯”です。

靭帯(Ligaments)は4つの靭帯から構成しており、上の骨と下の骨が正しく曲げ伸ばしできるよう前後内外と付いています。

骨・筋・靭帯がバランスよく補いあうことで、膝の関節運動は成り立っています。

とても複雑な構造の「膝」は何かが一つ欠けるだけで、怪我しやすくなってきます。

 

————————————-

 

「膝」を怪我すると一定期間動かせないので、筋力が低下してしまいます。
痛みが無くなったからといって、いきなり部活動を始めてしまうと筋力が追いつかず新たな怪我が発生してしまいます。

 

それを防ぐためにも、当院ではテーピングを始め、ストレッチ・トレーニングなどをお伝えし【治療】且つ【予防】を行っています!

image1 (17)

 

 

 

試合直前には、ぜひテーピングで怪我の予防をしていきましょう!
通常の練習前後は、ストレッチ・トレーニングで治療をしていきましょう!
少しでも皆様のお力になれるよう精一杯サポートしていきますので、よろしくお願いします!!

 

さくらやま鍼灸接骨院
住所:名古屋市昭和区桜山町5丁目98-5
電話番号:(052)842-0550

 

ハートメディカルグループ さくらやま鍼灸接骨院 谷脇

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから