新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

自得する

こんにちは。ハートメディカル本部の伊藤です。

 

 

本日は久々にいい天気ですね。
7月はいいスタートをきれました!!

 

さて、昨日は子供が寝る前に時間割りを合わせているところに遭遇しました。

 

一事が万事。 ちょっとした作業のなかにも本質がうかがえます。

 

その行動にどんな心が現れているのか。 その心は大人になりどんな結果を作ることになるのか。 どうすればその心を矯正できるのかを ゆっくり話しました。

 

注意し、考えさせ、やってみせ、やらせて 見守って 褒めて その繰り返しですね。

 

大人でもきちんとすること、継続することは難しいです。
私もできていないところだらけです。
しかしこんな私でも幼いころは両親や兄弟、先生に沢山指導してもらいました。
そのように関わってもらっても今の自分レベルにしかなりません。

ですから
自分ができていないからといっても指導だけはします。
「放置」にならないように。

 

いつかは「自分の事は棚にあげて!!」と反論されそうですが 笑

 
本日は松下幸之助氏語録より「自得する」をお伝えします。

 

「自得する」

獅子は我が子をわざと谷底に突き落とす。激しい気迫である。厳しい仕打ちである。
だがその厳しさのなかで、幼い獅子は決してへこたれない。

 

必死である。真剣である。そして、いくか転び落ちながらも、一歩一歩谷底から這い上がる。 這い上がるなかで、はじめて自立を会得する。
他に依存せず、自らの力で歩むことの大事さを、自らの身体でさとる。
つまり自得するのである。 そこから獅子本来のたくましさが芽生えてくる。

 

自得するには、厳しさがいる。勇気がいる。ときには泣きだしたいような、途方にくれるようなこともあろう。 泣くもよし。 嘆くもよし。 しかし次の瞬間には、新たな勇気を生み出さねばならない。

 

厳しさこそ、自得への第一歩ではないか。 たくましい自立への道を、みずからさとる貴重な道しるべではないか。 勇気をだそう。 元気をだそう。

激動する世界の中で、日本の国も容易ではない。 だからお互い一人ひとりも、決して容易ではない。

自得への厳しい日々を覚悟したいものである。

 

 
それでは本日も元気にお過ごしくださいね。

 

 

ハートメディカルグループ 伊藤

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから