新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

スクワット ひょうたん山鍼灸接骨院

こんにちは!!

ひょうたん山鍼灸接骨院(名古屋市守山区新城)の松本です。

 

 

9月に入り少し涼しくなってきました!

あっという間に秋になりそうですね。

 

秋といえば 食欲の秋

秋刀魚、焼き芋、栗ご飯…

おいしい物がたくさん食べたくなります。

しかし通年ダイエッターの私は食べてばかりではいられません。

 

 

そんな私と同じダイエッターの方に

最近私がはまっているスクワットを紹介します。

 

 

 

スクワットが良い理由

スクワットによって鍛えることができる太もも、おしりの筋肉は全身のなかでも最も筋肉量の多い部位

その筋肉を鍛えると全体の筋肉量も増し、体幹も鍛えられるので、スポーツなどでもより良い力を発揮できる。

筋肉量が増えると基礎代謝が上がりじっとしているだけでもカロリーをたくさん消費するようになる。

 

という事です。

 

 

しかしやり方を間違えてしまうと逆に足が太くなってしまったり

ほかの部位を痛めたりしてしまいます。

 

 

そこで正しいスクワットのやり方について説明します。

 

①立っている状態で、足を肩幅よりやや広めに開きます。

 

②つま先を膝が曲がる方向と同じほうに向けます。

(膝が外側、内側によりすぎると痛める事があるので気を付けてください)

img_4922
③目線を前に向けたまま、腰をゆっくり落としていきます。

(上体を前かがみにならないようにしっかりと立てて、腰は反らないように気をつけます。)

※このときに注意です!

膝がつま先より前に出ないように、おしりを後ろへ突き出すような感じで腰を落としていきます。(椅子に座るようなイメージです。)

 

④つま先が浮かないように足を踏ん張って、太ももと床が平行になるくらいの位置まで腰を落としていきます。そして、かかとに力を入れるようにして腰を上げ、元の姿勢に戻します。
img_4934

 

やり方には十分注意をして下さい。

 

 

実は8月からスクワットチャレンジというものにひかれて半月くらい頑張ってました。

 

どういうものかというと

 

30日間スクワットをするというダイエット法です。スクワットをすることで基礎代謝があがり、ダイエット効果が狙えることや、ウエストが引き締まりヒップアップ効果が期待できるということで、アメリカを中心に海外で話題になっているものです。

 

ただ回数が多かったため途中で挫折してしまいました。

 

 

しかし毎日20回を続けたところ

ちょっとだけヒップアップした気がします。

少しの事でも毎日続けることに意味がありますね。

 

 

次は腕が細くなる筋トレをやってみようかな~…

 

ハートメディカルグループ ひょうたん山鍼灸接骨院 松本

コラム監修者

スクワット ひょうたん山鍼灸接骨院 写真

院長岩田充広

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから