新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

胸のストレッチ もりやま鍼灸接骨院

こんにちは。
名古屋市守山区にあります。もりやま鍼灸接骨院の小原です。

 

前回はストレッチのメリット・肩のストレッチについて書きました。今回は胸のストレッチについてお伝えしていきます。

胸のストレッチはなかなかする機会がないと思いますが、実は非常に重要な様子を含んでいます。

 

現代社会において生活様式は前傾姿勢が多い……。そして、いわゆる『猫背』で悩んでいる方は多いと思います。猫背になると胸の筋肉は常に収縮してしまい、柔軟性を失い、猫背を更に助長してしまいます。
今回のストレッチを行う事で縮んでしまった胸の筋肉にパンチをしてあげましょう!

 

 

○胸のストレッチ1 未来へ羽たけポーズ
%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91-2

体の後ろで腕を組み、後方に伸ばします。腕を組みかえて15秒を左右ずつ行います。

 

 

○胸のストレッチ2 開けゴマポーズ

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92-2

%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%80%ef%bc%93

前にならえの体勢のように両腕を前にします。腕だけでなく肩も前に出すようにしましょう。その状態から腕を真横にやり、胸を広げる。めいいっぱい広げることが大事です。この動作を10回繰り返します。
 

○胸のストレッチ3 壁ドンポーズ

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%94

壁の角を利用し、肘を90度に曲げて身体を前に倒すようにします。胸のストレッチ&肩甲骨のストレッチにも利用できます。20秒を左右ずつ。

 

皆さん実践していただけましたか?今回は胸のストレッチについてお伝えしました。
次回は腕のストレッチについてお伝えします。楽しみにしていてくださいね。体全部制覇します!

 

ハートメディカルグループ もりやま鍼灸接骨院 小原

コラム監修者

院長粟屋慎吾

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから