新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

お医者さんが背中とトントンと叩く「打診法」で何がわかるの? タケダ鍼灸接骨院

こんにちは!
タケダ鍼灸接骨院(あま市七宝町)の中村です。
いつも当ブログを見て頂き誠にありがとうございます!

体の調子が悪くなってお医者さんに診てもらった時に、背中をトントンと叩かれた経験のある人も多いことでしょう。

背中を叩くのは「打診法」と呼ばれる診察法で、体を軽く叩いた時の音響の違いで、体の組織や臓器の異常を感じ取るというものです。

打診法では体が正常な時の音がよく分かっていないと、異常がある時の音を聞き分ける事は出来ません。

経験豊富な医師でないと、打診法で異常を見抜くのは難しいという事です。

微妙な音の違いに気づくことが出来れば、肺炎や心臓肥大はもちろん、がんの発見が出来ることもあると言います。

正に「職人技」といった感じですね

最近ではレントゲン、CT、MRIの医療機器がどんどん進化しているので「打診法」をする医師はかなり少なくなっているようですが。

私の場合はスイカをトントンと叩くだけでかなりの確率で美味しいスイカを見抜く事ができます。これも一種の「打診法」の一つですね。

タケダ鍼灸接骨院は七宝、津島、あま市、大治町、甚目寺町、千音寺町など近隣の方が多くご来院されています。腰痛、肩痛、膝痛、関節痛やスポーツ障害、交通事故治療など、お身体でお困りのさいはお近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院・治療院へお気軽にご相談下さい!

 

ハートメディカルグループ タケダ鍼灸接骨院 中村

コラム監修者

松山謙

院長松山謙

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから