新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

ストレートネック 津島鍼灸接骨院

こんにちは!

津島市天王通にある津島鍼灸接骨院の井亦です。

 

今日は最近よく耳にする『ストレートネック』のお話をしたいと思います!

 

最近はお仕事や私用時間でパソコン、スマートフォンを使われる方が多いので、
ストレートネックに悩む方が多くなっていますよね。
実はこのストレートネック。
日常生活でよく気になってしまう様々な症状の原因になります!

 

もともと首(頚椎)のカーブは、頭の重さや運動したときの衝撃を体全身へ、
うまく分散させるように出来ています。しかし、この首のカーブが失われ、
まっすぐ(ストレート)になってしまうと、衝撃や重さの負担が分散することができなくなり、慢性的な神経痛などの不定愁訴の原因となります。

 

・手の痺れ。特にうつむいている時や仰向けに寝ている時
・不眠症、頭がふらふらする、目眩
・食欲があるけど喉がしまった感じで食べられない、飲み込みづらい
・花粉症に春も秋も悩まされている

などなど、、、。これらも、ストレートネックの症状のひとつなんです。首には大事な神経がたくさん通っているので、いろいろな症状を引き起こします。

 

私もストレートネックかなぁ?と、気になる方は、カンタンな自己チェック方法がありますので下のとおり試してみてくださいね。

ストレートネックを自分でチェックする簡単な方法

(1)壁に背中をつけて姿勢を正して立ちます。

(2)あごを引いた状態で後頭部が壁に着くかどうか確認してください。

このとき、後頭部が壁に着かない方、もしくは強引に頭を後ろへ反らさないと
着かない方は、ストレートネックの可能性が高いです。

 

上のチェックで当てはまった方!
近くのハートメディカルグループまで、ご相談ください!

 

ハートメディカルグループ 津島鍼灸接骨院 井亦

コラム監修者

ストレートネック 津島鍼灸接骨院 写真

院長倉見太郎

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから