新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

肉離れについて

こんにちは。千種区自由が丘駅徒歩1分にある自由ヶ丘鍼灸接骨院の鰐部です。
マックスバリューの反対側、仁王すしさんのお隣、ピンクの看板が当院です。
さて
皆さん、「肉ばなれ」という言葉をご存知ですか?スポーツ・運動中をされている方はよく聞く言葉かもしれませんね。
簡単に言うと筋肉の断裂をいいます。
一年を通じてスポーツ競技を行っている方、春になりスポーツを始めてみようとしている方、学校の運動会に出るお父さま方が運動を行い、筋肉が「プチッ」とならないように解説をしていきますね。

運動中に、急に脱力感や痛みを伴うと同時に「筋肉が切れたように感じる」ということから、肉ばなれといわれています。
ダッシュなどの動作で筋肉の急激に縮んだときに強いストレスが加わり、筋線維の損傷が起こってしまう状態です。医学的には筋断裂、筋膜断裂、筋損傷といいます。
体を打って怪我をするような、打撲とは違い、筋肉が収縮と共に引っ張られることにより痛めてしまうのが肉ばなれです。

最も肉ばなれが起こりやすいのは「ハムストリング(ももの裏側)」ですが、腓腹筋、大腿四頭筋、股関節内転筋、上腕二頭筋、腹直筋などにも起きます。
ではどんなときに起きるのでしょう。
それは準備運動を行わずに、急に走り出したり、勢い良くボールを蹴ったりなど、急激に力が入るような運動を行ってしまうと肉ばなれが起きやすいとわれています。
また、筋肉の疲れ、柔軟性の低下、準備運動の不足、過去肉ばなれを経験しているなどが肉ばなれを起こしやすい要因となります。

肉ばなれをしてしまった方の中には、「引っ張られた感じ」、「ずれた感じ」、「プチッ」、「バチン」という表現をされる方がみえます。
筋肉を抑えると痛い、動かすと痛いというものが主な症状で、損傷の度合いが大きい肉ばなれは痛めた直後から筋肉に陥没や膨隆がみられることがあります。左右を比べてみて明らかに違いがある場合は重症度が高い肉ばなれかもしれません。
皮下出血がない場合でも安心はできません。筋肉を痛めたことによる皮下出血をすぐに確認できず、1~3日経ってから皮下出血が確認されることがあるため、気をつけて観察したほうがいいですね。

救急処置としては運動を直ちに中止して、体を安静にしてください。
患部を心臓より高いところに上げて氷でのアイシングを行います。
アイシングを行う際には弾性包帯などで患部に少し圧迫を加えられるとなお良いです。
よく食材を冷やす保冷材などで患部を冷やしてこられる患者さんもおられますが、凍傷をおこす危険がありますのでご注意ください。
氷を二重にしたビニール袋につめ、20分を基本に患部に直接あてることをお勧めします。
安静にする際は姿勢にご注意を。筋肉が緩んだ状態にするようにしてくださいね。
このあたりは私共にご相談いただければアドバイスさせていただきます。

最後に。
症状や状態はさまざまで、痛みが少ないからといってほかっておいても完治はしません。筋肉のシコリが残ったり、柔軟性が低下したりして、今まで出来ていた関節の動きが出来なくなってしまうこともあります。シコリを残さない、柔軟性を維持するためには、受傷直後の固定からリハビリまでを適切な治療を行わなくてはなりません。

ハートメディカルグループでは、患者様と相談しながら、日常生活復帰から競技復帰まで最高の提案を心掛け治療にあたらせていただいております。
グループ独自の治療法「全身調整法」を行い、患部の治癒スピードを上げることができます。また、肉ばなれには「電気治療」、「PNF」、「鍼治療」も有効です。
お困りの際にはぜひ相談くださいね。
ハートメディカルグループ 自由ヶ丘鍼灸接骨院 鰐部達也

コラム監修者

院長井村 純一

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから