産後の腰痛 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

産後の腰痛の因子は多くあります。

 

例えば
〇産後腰痛がある方はない方に比べて骨盤が開いています(PSIS間距離の拡張)
〇産後の月経再開が遅い方(産後4ヵ月を基準として)は早い方に比べて腰痛が多いです。
〇妊婦時の体重増加が多いほど腰痛が強いです。
〇妊娠後6ヵ月後から反り腰が強くなります、強いほど腰痛が強いです。ひどい場合は分離症(骨折)になります。

 

これだけみても分かるように
出産前、産後どちらの体のケアも必要です。

 

更に胎児をみていくと、
人が最初に体に歪みを起こすのは胎児の時の母親の姿勢に応じてです。
例えば妊婦が猫背姿勢であれば、圧迫され、足首を捻ったような状態で胎児の期間を過ごした場合、足首が捻った方向に弱いという報告もあります。

 

以上から
妊娠中、産後のケアはかなり重要です。

いつでもお気軽にご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550