喘息が多くなる時期 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

9月から10月は喘息が多くなる時期です。
早速この間喘息の患者様が来院されました。

 

元々は首の痛みで来院されました。
原因を探るため問診していたら、どうも最近喘息気味ということ。

 

ということは背中にも症状が出ているはずと思い、第3胸椎を軽く押すと「そうそう!そういえば、そこが最近特に痛い」と言われました。

 

喘息は第3胸椎といわれるところの近くに反応がでます。

詳しく伺っていくと喘息と首の痛みの症状はほとんど同時に起きた気がするということでした。

典型的な喘息症状でした。

現在の症状と喘息を良くするため、鍼治療を行っています。

喘息の治療は
第3胸椎周囲への鍼と
定喘といわれるツボへの鍼が主になります。

 

定喘には「喘」息を安「定」させるという意味があります。
さらに定喘の別名を治喘とも言い、喘息を治すという意味を持ちます。

もし、最近喘息気味で体の不調が取れないことがありましたらいつでもご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550