新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

筋トレと食事⑤ 津島鍼灸接骨院

こんにちは!
津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です!

 

「筋トレと食事」
最後は【クレアチン】です!

 

【クレアチン】
あと1回!を可能にするパワーの源。

 

例えばベンチプレスでMAX6回上がったとします。同じ重さであと1、2回上がればその分筋肉の負荷が肥大に繋がるのはイメージできますよね。このあと1回の最大筋力を発揮出来るようにするのが、クレアチンです。アミノ酸の一種ではありますが、たんぱく質を構成するアミノ酸とは異なります。

いざという時の為にクレアチンを体内に溜めておくには、1日20gを5〜7日飲み続けるというローディングを行ないます。ただし、1度に20gを一度に摂っても吸収しきれないため、1回5gを4回に分けて摂ります。タイミングは3度の食事後とトレーニング直後が良いです。すると、体内のクレアチン量が10%ほど増加します。その後は増えたクレアチンを維持する為に1日5gを1回摂取します。これが出来れば、確実に運動強度は上がります。

私もトレーナーをさせて頂いているので、こういった情報を選手に与えると、ケガの処置以外にもプレーの後押しが出来ると思います。

数回にわたって、お話ししてきましたが
やはり、筋肉というのは生きていく為に必要です(大げさですが、、、)。
必要最低限はもちろんですが、健康に生きていくため、楽しくスポーツが出来るようにするため、日常生活で疲れづらい又ケガをしづらい体にする為には必要なので、効率よく、上手にトレーニングをしていきましょう!
当グループにはそんな筋肉(インナーマッスル)を効率よく鍛える事の出来る機器が導入されています。
何か気になる点があれば、お近くのハートメディカルグループまで!

 

津島鍼灸接骨院

所在地:津島市天王通6丁目41

電話:0587-28-8635

コラム監修者

筋トレと食事⑤ 津島鍼灸接骨院 写真

院長倉見太郎

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから