新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

変形性膝関節症 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回は変形性膝関節症について述べていきます。

 

どんな病気?
男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど発症しやすくなります。主な症状は膝の痛みと水がたまることです。
初期では動き初めに痛む動作時痛があり、休めば痛みは取れます。末期になると、安静時にも痛みがあり、変形が強くなって、膝が真直ぐに伸びず歩行が困難になります。

 

原因
関節軟骨の変性、体重の増加や遺伝も関与しています。また骨折や靱帯損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。
関節軟骨の変性によるものでは、年齢とともに弾力性を失い、使い過ぎによりすり減り、膝が変形してしまいます。

 

手術療法
保存療法で効果が見られないときや、痛みが強く日常生活に著しく不自由がある場合には手術療法が検討されます。手術を行ったとしても効果は永続するものではなく、一定期間入院しての固定やリハビリが必要です。また感染症や合併症の注意が必要です。手術のメリット、デメリットなどをよく理解した上で決定することが大切です。

 

当院での保存療法
一度すり減ってしまった関節軟骨を完全に元の状態に戻すことは難しいです。なので、痛みを軽減させ、日常生活に支障のない状態を目指していきます。

 

バランス整体
膝をかばって生活をしているので、体には歪みが生じてしまいます。その歪みによって、さらに膝関節にかかる負担は大きくなります。なので、土台となる骨盤を安定させて、全身のバランスを整えていきます!

 

楽トレ
太ももや膝関節、骨盤周囲の筋肉を鍛えて、関節可動域と支持力を強化することにより、膝にかかる負担に対して支持、吸収、分散できるようにしていきます。また楽トレの効果で代謝が上がり、関節軟骨などの栄養状態も良くなるので、痛みを和らげる効果も期待できます!

 

お困りの方は是非当グループ院にご相談下さい!

今年も残りわずかとなりました。
年末年始のお休みを有意義に出来るように体のケアをしていきましょう!!
年末年始の休診のお知らせです。
12/30(土)~1/3(水)までお休みを頂きます。
12/29(金)は18:00までとなります。
宜しくお願いします!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。
お電話でのご予約随時受け付けております。

 

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://www.heart-medical.co.jp/shop/misono.html

コラム監修者

変形性膝関節症 みその鍼灸接骨院 写真

院長青山義輝

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから