新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

体幹とは(19) さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

脚は2本あります。一方腰は一本です。

これが意味するものは体幹部の荷重伝達による負荷の増大です。
歩行などで脚を通じ地面から伝わってきた負荷は仙腸関節で統合され1つの負荷となります。
つまりここで負荷が倍増します。

 

ただしこれは大まかに腰をみた理論になります。
実際は
椎間板と左右の腰の関節突起と呼ばれる部分の3つで荷重を分担するのでうまくいけば単純計算で1/3となります(実際は椎間板の割合が高いです)

 

ですが、30歳を超えたあたりから、椎間板は水分を失い、荷重伝達機能が落ちてきます。
椎間板の担う伝達割合が減る分椎間関節への負荷が増加し、椎間関節障害に陥りやすくなります。

 

さらに片方の椎間関節が硬くなると、残り1つの椎間関節でほとんどの荷重伝達を担うようになります。

これではすぐに構造が崩壊してしまうので筋が代わりに荷重伝達を担うことになります。
そして硬い筋が出来上がってしまいます。

 

つまり体幹は安定されるだけでなく荷重の伝達時に上手く働き特定の部位に必要以上の負荷をかけないための重要な要素となります。

この視点からなぜ体幹に頭蓋腔が含まれることがあるか次回みていきます。

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://www.heart-medical.co.jp/shop/sakurayama.html

コラム監修者

体幹とは(19) さくらやま鍼灸接骨院 写真

院長谷脇友隆

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから