鵞足炎 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回は鵞足炎(がそくえん)について述べていきます。

 

鵞足炎とは

半腱様筋(はんけんようきん)、薄筋(はくきん)、縫工筋(ほうこうきん)は脛骨の内側にまとまって付着しています。この3つの筋を総称して鵞足と呼びこの部位に起きた炎症を鵞足炎といいます。膝を曲げ伸ばししたときや、患部を指で押した時などに膝の内側が痛みます。初期は膝を動かしたときのみに痛みを感じますが、悪化すると安静時痛も現れ日常生活にも支障をきたします。

 

原因

ランニングで足を後ろに蹴り出すときや、サッカーボールを蹴るとき、水泳の平泳ぎなどで鵞足へ負担がかかります。これらの動作を繰り返し、過度の機械的ストレスが加わった場合に発症しやすくなります。またX脚、足関節の過回内や骨盤が歪んだ状態だと、膝の内側にかかる負荷が大きくなるため、発症のリスクが高まります。

 

治療

・HMバランス整体
鵞足は骨盤・股関節をまたいでいる組織なので骨盤に歪みがあると緊張させてしまいます。なので、骨盤を正しい位置に戻して、鵞足の緊張を緩和させます。そして、膝を支持している深層の筋肉のバランスを整えることで、痛みを軽減させ、体によい状態を覚えさせます。

 

・楽トレ
HMバランス整体で痛みが半分になった段階でご案内させていただきます。膝を支持している深層の筋肉を電気刺激で鍛えることにより、再教育し、症状の安定化と再発防止を図ります。また、自身で行えるストレッチなどの予防方法もお伝えし、サポートさせていただきます。
お困りの方は当グループ院にご相談ください。

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。

お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://misono-shinkyusekkotsu.com/