新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

猫背のメカニズム さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 

今回は猫背についてです。
猫背姿勢は背中のストレッチです。

 

ストレッチを長年続けると柔軟性がどんどん向上していくように、猫背姿勢を続けると背中の柔軟性が猫背方向にのみどんどん上がり、体を支える機能が衰えて猫背姿勢になります。

 

本来、人は数時間猫背姿勢を保っただけでは、このようにはなりません。
猫背姿勢を長時間キープすると背中の筋肉や筋膜はどんどん伸びていきます。
これはクリープ現象と呼ばれるもので、猫背をやめれば数十分でもとに戻ります。
(一度しか行わないストレッチの効果が持続しないのはこのためです。)

 

しかし、それが数ヶ月、数年にも及ぶと筋節(サルコメア)と呼ばれる筋原線維の塊が増殖し、どんどん伸びていきます。

 

クリープ現象は組織が伸ばされた状態なのですぐ戻りますが、サルコメアが増えるともとに戻すのに時間がかかるようになります。

 

そのため、長期間の猫背姿勢は避けなければなりません。

さらに、猫背姿勢は多裂筋と呼ばれる、腰の安定性に最も関わる筋の出力を落とします。


この筋の出力が落ちるだけで腰痛のリスクが高まることが分かっています。

猫背姿勢単独では症状を出さないので意識が難しいですが、将来的に体を痛めるリスクがあります。

「座位姿勢はタバコと同じくらい死亡リスクを上昇させる」とも言われます。

 

猫背が気になったら一度ご相談ください!

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://www.heart-medical.co.jp/shop/sakurayama.html

コラム監修者

院長谷脇友隆

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから