新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

足のトラブル もりやま鍼灸接骨院

こんにちは

もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の矢澤です!

 
最近は空前のマラソンブームです。健康増進から競技レベルまで様々な方が、よく走るようになりました。そんな中で必ずランナーが遭遇するのが、『足のトラブル』です。股関節、膝、足関節等に痛みを抱える方は少なくありません。今回は『外くるぶしの外側が痛い』と訴えられていた患者さんが、一回の治療で著効した症例を簡単に紹介します。

 

60代の女性の方で、毎日7キロ強走ることを日課にしています。
10日前より右外くるぶしの外側が痛くなり、今では歩行荷重時でも激痛が走ります。病院で診てもらったが全然よくならないと来院されました。

 

よく走ること、痛みの部位から、『腓骨筋腱炎』であると判断しました。右足のアライメントも右側のみ外反気味です。

 

大事なのはなぜ炎症が起きてしまったか?です。
走る動作は腰の回旋→股関節の屈曲→膝の屈曲→足関節の伸展→
と下肢の一連の動作が行われているので、どこか一つが崩れているだけで、雪崩式のように連鎖していきます。話を伺うと、左の臀部に違和感を持っていることがわかりました。そこで骨盤に注目すると、左右で非対称でした。
ですから、右くるぶしの痛みを除去しても、左臀部の違和感が残る限り、再発する可能性があります。

 

治療としては
① 腓骨筋に対する鍼治療
② 骨盤に対するバランス整体
を行いました。
術後から痛みの軽減がみられ、次回来院時は痛みの度合いが半分になっていました。
これからは痛みの出ない体づくりを目指して継続されています。

 

結果には原因があります。痛みにも原因があります。
根本原因はどこかを探し、適切な処置をすることが、今後長く競技を続けていくコツになると思います。

 

もりやま鍼灸接骨院エキテンHP
http://www.ekiten.jp/shop_6060239/review/

 


もりやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区菱池町5-2 ファミール菱池1F

電話:052-792-8310

https://www.heart-medical.co.jp/shop/moriyama.html

コラム監修者

足のトラブル もりやま鍼灸接骨院 写真

院長粟屋慎吾

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから