鵞足炎 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは

さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の金子です。

 

鵞足炎とは、繰り返しの膝の運動で引き起こされる、膝の慢性的な炎症です。

 

膝は「曲げ伸ばし」を行う部位であるため、靭帯や腱が骨との摩擦によって傷つき、炎症を起こすことがあります。その結果、鵞足炎や鵞足滑液包炎を含む、さまざまな膝の障害が現れます。

 

・原因
過度なスポーツや運動
合わない靴、安定しない足元での運動
筋膜の癒着 など

 

・症状
膝に痛みを感じるようになります。主に痛みが現れるのは、足の内側の膝から、すねにかけてのあたりといえます。このあたりは、鵞足を構成している3つの腱(縫工筋・薄筋・半腱様筋)と、脛骨がつながっているところです。痛みは階段の上り下りのときに感じやすくなります。

 

治療法
当院ではコンプレフロスという専用のゴムバンドで鵞足の筋膜の癒着をはがし、痛みの原因に直接アプローチします。他の接骨院では鵞足を構成している筋肉をマッサージで緩めて、鵞足にかかる負荷を減らし、安静して治るのを待ちます。


なので、痛みの根本原因を見つけて、力の入り具合に関係している浅筋膜の異常か、慢性的な炎症による深筋膜の異常かを詳しく検査して治療していきます。一回の施術で大きく症状が改善していきます、お困りの方は当グループ院にご相談くださいね。

 

 


さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

https://sakurayama-shinkyusekkotsu.com/