新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

頸椎椎間板の役割 

今日は「頸椎椎間板の役割」です
椎間板」というと腰を創造される方が多くあると思いますが
首(頸部)にも「椎間板」は存在します

 

頸椎椎間板の役割」としては
・ 衝撃を吸収する役割
・ 重量負荷を分散する役割
と二つの役割が存在します

 

以前にもお伝えさせて頂いていますが
頭の重さは 体重の10~15% もあり

体重が50㎏の方ですと 5㎏の重さ になります
「頷いたり」
「首をかしげる」

という動作をすると 頸椎(首の骨)には
常に頭の重さ(約5㎏)と衝撃
加わる事になります(@_@)
椎間板」は
その負荷を吸収、分散させているのです
頑張れ~椎間板!(^.^)/~~~って感じですね!

 

実はもう一つ機能的な役割があります

椎間板」は
上から見ると目玉焼きのような形をしています

その真ん中の目玉の部分に
水分 を多く含んでいて

弾力性に富んだ 髄核 というものが存在します
首の運動
「頷く」
「かしげる」
「回す」
「横に倒す」など
するときに 髄核 が支点となって動いています
(‘ω’)ノ なので
首をぐるぐる回したり
急激に捻じって「ボキッ」って音を鳴らしたりする動きは

首肩が何だか楽になるような気がしますが
実はとても 危ない動き なのです

これからはしない様にして欲しいです(;´Д`)
椎間板自体は子供の頃には 動脈からの栄養補給 がありますが
20~30歳ぐらいで血行が無くなります

ということは「自己修復できない」
痛めたら治らない ( ゚Д゚)
ということです
くれぐれも気をつけてお過ごしくださいね
もしも首が痛くなったら直ぐに
あなたの町の『 ハートマークハートメディカルグループ 』の鍼灸接骨院 にいらしてくださいね!
※ 参考文献
・ よくわかる 首・肩関節の動きとしくみ
永木 和載 著  大平 雄一 監修

お近くの院を探す

 

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから