こむら返りについて ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

今回は前回の掲載した「浮腫み(むくみ)」に関連した
ものについて書いていきます。

No 2.「こむら返り」について

足をつるとは、筋肉収縮のバランスが乱れ、筋肉に痙攣が起こってる状態です。

 

ふくらはぎに起こることが多いため「腓(こむら)=ふくらはぎ
こむら返りとも呼ばれていますが、太もも・足の裏・首などでも起こります。

 

・起こりやすい状態
1.筋肉が疲れている 2.筋力が低下している 3.体が冷えている
4.水分が不足している 5.血行が悪くなっている
・予防ポイント
① 筋肉を休める
筋肉が疲れてるいると、正常な収縮・弛緩ができなくなります。

運動した後、運動習慣のない人でも日常生活の中で疲れがたまると
つりやすくなってしまうので、入浴やストレッチをして

筋肉をゆっくりと休めることです。

 

② 体を冷やさない
体が冷えることによって血行が悪くなるので、
お風呂に入って体の芯から温めことです。

 

③ 水分をとる
足のつりは就寝中に起こりやすいので寝る前に水分補給をすることです。

注意:水分の取り過ぎや冷たい飲み物は体を冷やすので避けましょう。
あと、アルコールやカフェイン類は利尿作用を促すのでこちらも避けましょう。

次回はこむら返りになった時の対処法と入浴方法について書いていきます!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/