こむら返りについて~その2~ ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは
ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の北川です。

 

前回は「こむら返り」の起こりやすい状態、予防のポイントについて書きました。
今日はその続きを書いていきます。

No 3.「こむら返り」について

・こむら返りになった時の対処法

こむら返りになった時は、突然なってビックリしたり
痛みで焦ってしまいがちですが、

落ち着いて足を伸ばして座り、つま先をゆっくりと自分の体の方に倒すことです。
反動をつけて無理に伸ばしたりすると、筋肉を傷つけてしまいます。

 

痛みがやわらいできたら、マッサージや足首を回したり
 つま先を上・下動かすなどして、血行を良くすることで再発を防ぐことができます。

 

 

・入浴方法について

前回にも書いたようにお風呂に入ることで予防する事ができるのですが
入浴の仕方で体に現れる効果が違ってきます。

 

 副交感神経優位
38〜40°cのお湯にゆっくつかり(20分程度)じんわり汗が出るくらいで入りま す。
そうする事で副交感神経が優位になり手足の血管拡張で血流が良くなります。

こむら返りを予防する時はこの方法で入ります。

 
交感神経優位
42°cのお湯にさっとつかると(5〜10分)
交感神経が優位になり手足の血管収縮で血流は悪くなるが

集中したい時にはこの方法で入るといいです。
こむら返りについてはこれで以上です。
次回は違う内容を書いていきます!

 

ほんごう鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区本郷2丁目115

電話:052-760-6611(診療時間内のみ)

https://hongou-shinkyusekkotsu.com/