新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

首が痛い!頸椎間板ヘルニアを予防する筋トレ・ストレッチ

首が痛い!頸椎間板ヘルニアを予防する筋トレ・ストレッチ

近年、長時間のスマホやパソコンの使用などによる姿勢不良で、頸椎に負担がかかってしまい、首の痛みや手足のしびれを感じる方が増加しています。

「首が痛くてつらい」「肩こりだと思っていたら、首に痛みが出てきた」「手や腕がしびれることがある」…こんな症状をお持ちの方は、もしかしたら頸椎間板ヘルニアの予備軍かもしれません。

そこで今回は、自宅で簡単にできる頸椎間板ヘルニアを予防する筋トレ・ストレッチをご紹介します。

頸椎間板ヘルニアとは?

頚椎の間には椎間板と呼ばれる組織があり、上下の頚椎を支えるクッションの働きを持っているのですが、この椎間板が破れて神経を圧迫してしまうのを「頚椎椎間板ヘルニア」と呼びます。

頚椎椎間板ヘルニアの主な症状は、主に首や肩から腕や手指などに痛みやしびれなどですが、神経が圧迫されるため、はじめは肩こりや首の痛みという比較的軽いものからはじまり、症状がひどくなると、箸が使いづらくなったり、ボタンをかけづらくなったりするなどの「巧緻(こうち)運動障害」と呼ばれる症状が出るようになります。

また、さらに悪化すると、歩行障害や尿コントロール障害などの下半身症状が出ることもあるので、日常生活に支障をきたさないためにも、早めに対策しておくことが大切です。

頸椎間板ヘルニアを予防するには?筋トレが効く?

椎間板が破れ、神経を圧迫することで起こる頸椎間板ヘルニアですが、その原因は身近なところに隠れています。

例えば、長時間のスマホやパソコンの操作などで姿勢不良が続くと、首に負担がかかってしまい、頸椎椎間板ヘルニアになってしまう可能性が高くなるため、普段から姿勢に気を付けておく必要があります。

しかし、正しい姿勢を維持するためには、骨盤などの身体の歪みを正すだけではなく、身体を支えるための筋肉も必要です。特に、深層筋と呼ばれる姿勢維持や関節動作のサポートなどの働きを持つ筋肉を鍛えることが、頸椎間板ヘルニアの予防につながります。

頸椎間板ヘルニアを予防するには?筋トレが効く?

頸椎間板ヘルニアを予防する筋トレ・ストレッチ

頚椎椎間板ヘルニアを予防するには、日頃から首周りの筋肉を鍛えておくことが大切です。
ここでは、自宅で簡単にできる筋トレ・ストレッチをご紹介します。

あご押し体操

あご押し体操は、頭を支えるための骨である頸椎、つまり首の部分のアーチを保持するのに効果があります。
あご押し体操のやり方は、以下の通りです。

  1. 背筋を伸ばし、あごを引く
  2. あごに手をおき、後ろに押す
  3. そのままの状態で手を離し、天井を見上げる
  4. そのままの状態で5秒程度維持する

長時間のスマホやパソコンの使用で首が疲れたと思ったら、ちょっとした合間でできるので、頸椎間板ヘルニアだけでなく、スマホの普及で増加中のストレートネックなどの予防としても効果的です。

タオルストレッチ

タオルストレッチは名前の通り、タオルを使ったストレッチです。
特に、首周りの血流を促進することによって、筋緊張を緩和する効果があります。

  1. 両手でタオルも持ち、首の後ろにかける
  2. 両手でタオルの端を握り、胸の前で下に引く
  3. 頭を後ろに倒しながら、両手を斜め上に引っ張る
  4. その状態のまま、あごをひいてキープする

胸鎖乳突筋ストレッチ

胸鎖乳突筋とは、首を曲げたり回転させたりする役割を持つ首の筋肉を指します。
その胸鎖乳突筋をストレッチすることで、筋緊張を緩和する効果があります。

  1. 首を左に傾ける
  2. 右肘を体の後ろで曲げる
  3. 左手で頭をつかみ左におす
  4. 反対も同様に行う

胸鎖乳突筋ストレッチ

筋トレでも頸椎間板ヘルニアが改善されない場合は

ハートメディカルグループの鍼灸接骨院では、頸椎間板ヘルニアでお悩み方のために、痛みや動作時の違和感などの症状を改善するメニューをご用意しております。

痛みで日常生活に支障が出る前に、ぜひお近くのハートメディカルグループの鍼灸接骨院にご相談ください。

ハイボルテージ療法

ハイボルテージ療法とは、最大150V の電圧をかけて通電することで、深い部分の筋肉(深層筋)までしっかり届き、筋肉の緊張を緩和してくれる電気治療の一つです。

ハイボルテージ療法」の詳細はこちら

鍼治療

症状に応じて、経穴や神経、筋肉に通電刺激することで症状の早期改善を図る鍼治療。
鍼治療によって筋肉の硬さを取り除き、頸椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など各部位の症状を改善、緩和します。

HM鍼灸法」の詳細はこちら

心と身体、両方に効く医療を提供するハートメディカルグループ

ハートメディカルグループ
ハートメディカルグループは、毎月延べ25,000人もの方が来院される名古屋No.1の鍼灸接骨院グループです。

国家資格を有する治療家が、専門的な見地から症状を正確に見立てた上で、確かな技術をもって施術を行います。お身体のお悩み解決、各種保険診療のほか、交通事故治療・むちうち治療にも対応しています。


お近くの接骨院を探す

ご予約は各院までお気軽にお電話ください。

コラム監修者

首が痛い!頸椎間板ヘルニアを予防する筋トレ・ストレッチ 写真

専務取締役竹田 信一郎

一般社団法人 日本柔整鍼灸協会 理事
厚生労働大臣認定 柔道整復師
健康経営アドバイザー

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから