新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

雨が降れば

おはようございます。
ハートメディカル本部の伊藤です。

 

 

本日は曇り空。 雨が降りそうな感じですね。

さて本日は松下幸之助氏語録より「雨が降れば」というお話をお伝えしたいと思います。

準備の大切さを教えていただいているように思います。

 

 

雨が降れば

 
雨が降れば傘をさす。傘が無ければ風呂敷でもかぶる。それも無ければ濡れるしか仕方がない。

 

雨の日に傘がないのは、天気の時に油断して、その用意をしなかったからだ。 雨に濡れてはじめて傘の必要を知る。 そして次の雨には濡れないように考える。 雨があがれば、何をおいても傘の用意をしようと決意する。 これもやはり、人生の一つの教えである。

 

わかりきったことながら、世の中にはそして人生には、晴れの日もあれば雨の日もある。好調の時もあれば、不調の時もある。 にもかかわらず、晴れの日が少し続くと、つい雨の日を忘れがちになる。 好調の波が続くとついゆき過ぎる。 油断する。 これも人間に一つの姿であろうか。

 

このことを戒めて昔の人は「治に居て乱を忘れず」と教えた。仕事にしても何にしても、この道理はやはり一つである。

 

雨が降れば傘をさそう。傘がなければ、一度は濡れるかも仕方がない。 ただ、雨があがるのを待って、二度と再び雨に濡れない用意だけは心がけたい。 雨の傘、仕事の傘、人生の傘、いずれにしても傘は大事なものである。

 

 

 

それでは今日も元気にお過ごしください。
外出の際は傘を持ってお出かけくださいね。

 

 

ハートメディカルグループ 伊藤

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから