新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

経絡 

今回は 経絡について
お伝えしていきますね

経絡は鍼灸を勉強する時
そして診療として用いる時に
とても重要な考え方となります

経絡
気血が巡る通路と考えられ
またその流れを
流注(るちゅう)といいます

経絡
内臓と密接な関連性をもっている為
気血を巡らせて
体長を維持する

経絡
経脈・・・主要な道という意味があり、身体を上下に流れる幹線道路
最も重要なもの

 

絡脈・・・「絡」とは「網」の意味があり、経脈の分枝であり、比較的細く、小さく、
全身に網の目のように縦横に分布している通路

 

以上の二つからなり
経脈絡脈 を合わせた名称が経絡なのです

経脈には
十二経脈 奇経八脈 があり

 

十二経脈
陰と陽のグループに分けられそれぞれ臓腑が割り当てられています

 

各経脈名は走行する四肢(手・足)と
陰陽の区分名(三陰・三陽)をつけて表示されます

 

手を走行するグループ
陽経  手の陽明大腸経   手の少陽三焦経    手の太陽小腸経
陰経  手の太陰肺経    手の少陰心経     手の厥陰心包経

足を走行するグループ
陽経  足の陽明胃経    足の少陽胆経     足の太陽膀胱経
陰経  足の太陰脾経    足の少陰腎経     足の厥陰肝経

 

 

そして奇経八脈のうち
任脈  督脈

 

の二つを合わせたものを
十四経脈 (正経)と呼び

 

現代でもよく用いられている経脈となります

 

 

現在では、多くの研究により
鍼のもたらす作用
神経学的な生理反応に基づいたものであるとの
国際的に得られています

一方、近年の脳科学の研究により
経絡は身体の表面に存在するのではなく
脳の身体地図と関係した
脳内イメージであることが示唆されています

 

本日は以上となります

 

※参考文献
「いちばんわかる!東洋医学のきほん帳」伊藤剛著
「鍼灸学 基礎編」 日中共同編集
天津注意学院・学校法人後藤学園 / 編集責任
劉公望・兵頭明・平馬直樹・路京華 / 編集
学校法人後藤学園中医学研究室 / 訳

 

お近くの院を探す

 

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから