新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

熱中症について さくらやま鍼灸接骨院

皆さまこんにちは!

桜山駅8番出口スグ『さくらやま鍼灸接骨院』(名古屋市昭和区)院長の谷脇です!

 

 

梅雨が明けセミの声も大きくなり、夏も本格的になりましたね!
夏は冬の寒い時期と比べ、外で活動する機会が多くなりますよね。
スポーツしたり、子供と公園に行ったり、庭や畑の手入れをしたり…

 

一日中強い日差しの中で動いている場合もあります。
気を付けなければならないのが、【熱中症】ですね。

 
今回は【熱中症】に関してお話します。

 

そもそも熱中症とは…
「高温多湿な環境に、私たちの体が適応できないことで
生じる様々な症状の総称です」
日射病と熱射病の総称ですね。

 

めまいや顔のほてり、筋肉痛やけいれん、
体のだるさや吐き気などの症状が出たら
熱中症にかかっている危険性があります。

 
日射病は簡単に言うと脱水症状です。
ですので、十分な水分補給が必要です!

 

一方、熱射病は体の熱が十分に発散できないので、
熱が体にこもってしまい、
体温調節ができなくなった状態です。
体温を下げる処置をしてあげましょう。

 

しかし、ただ水をガブガブと飲んでいても
効率よく体に水分が回りません。

 
発汗し体液量が減る
→水だけ飲む
→体液濃度が下がる
→喉の渇きは止まるが、体液濃度を戻す為に水分が尿として出る
→体液が減る

 

つまり、水をがぶ飲みしたとしても、
体液濃度が薄くなるだけなので、
体は濃度を戻そうと水分を結局排出してしまう。

 

その為、「水と一緒に塩分を摂取」
すると効率的に水分補給ができます。

 

塩分、水分吸収を促進してくれる
糖分も含んだスポーツドリンクがいいですね。

 
これからの暑い時期、
運動やレジャーに出掛ける際は
自己管理をしっかりとして
夏の思い出をたくさん作っていきましょう。

 
少しでも楽しい時間を過ごせるよう
私たちも精一杯お身体のサポートをしていきます。

 
さくらやま鍼灸接骨院
住所:名古屋市昭和区桜山町5丁目98-5
電話番号:(052)842-0550

 

ハートメディカルグループ さくらやま鍼灸接骨院 谷脇

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから