新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

動いていますか?

こんにちは。
ハートメディカルの伊藤です。

 

 

今日はいい天気となりましたね。

熱中症対策は必要ですが、たまには外に出て汗をかくことも大切ですね。

 
さて本日は松下幸之助氏ごろくより 「窮屈はいけない」をお届けしたいと思います。

のびのび生きていきたいものですね。

 

 

「窮屈はいけない」

 

窮屈な場所にすわっていいると、血のめぐりも悪くなって脚もしびれる。 身体がかたくなって自由な動作が取れないのである。 無作法は困るけれど、窮屈はなおいけない。
やっぱりのびのびとした自由自在な姿がほしいものである。

 

どんな場合でも、窮屈はいけない。体を窮屈にするのもいけないが、心が窮屈になるのはなおいけない。 心の働きが鈍くなって、よい智慧がでてこないのである。

 

ものには見方がいろいろあって、一つの見方がいつも必ずしも一番正しいとは限らない。時と場合に応じて自在に変えねばならぬ。心が窮屈ではこの自由自在を失う。
だからいつまでも一つに執して、われとわが身を縛ってしまう。身動きはならない。
そんなところに発展がうまれようはずがない。

 

万物は日に新たである。刻々と変わっていゆく。 きょうも、もはやきのうの姿ではない。だからわれわれも、きょうの新しいものの見方をうみだしてゆかねばならない。

 

おたがいに窮屈を避け、伸び伸びとした心で、物を見、考えてゆきたいものである。

 

 

それでは本日も伸び伸びと、楽しい一日をお過ごしくださいね。

 

 

ハートメディカルグループ 伊藤

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから