新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

ストレッチ その2 もりやま鍼灸接骨院

こんにちは!もりやま鍼灸接骨院(名古屋市守山区菱池町)の松本です。
ハートメディカル松本ストレッチ今回は『腰痛』です。
腰痛は約84%の方が体験したことがある痛みです。ほとんどの人が経験しています。
私もバスケをやりながら腰痛になったことがあります。若くて可愛い娘でもなるんですよ。しかし、そのほとんどが原因不明って知っていましたか?ですから、いつ誰もが腰痛になっても不思議では無いのです。日々の生活でケアしておくことはとても大切ですね。

今腰を反らすストレッチが流行っています。某お笑い芸人トリオのリーダーさんもこれで腰痛を克服して書籍にもなりました。
ではなぜ、反らすストレッチが腰に良いのか?

そこで脊椎の並びの観点から説明したいと思います。私勉強しました。
正しい姿勢とは
正しい姿勢
赤丸のように腰骨の部分が前に丸くなっています。これを腰部前湾といいます。元来はこのような脊椎の並びをしています。

では、現代の多くの方の姿勢はといえば
悪い姿勢
前弯がなくなり、腰骨がまっすぐになってしまっています。
上記のように姿勢の悪い方は腰の筋肉が無理やり伸ばされて丸まった状態が多いのです。
この状態では筋肉に常時微細な緊張がかかってしまいます。腰痛の原因です。

腰を反らすということは、『関節の並びを正常の位置に戻そうと働きかける動作』
ということになります。詳しくは腰椎椎間関節、脊柱起立筋、そして感覚受容器に働きかけていることになります。

今回の反らすストレッチはこのような方に有効と思われます。
① 円背姿勢での腰痛の方
② 慢性的な痛み、張りがある方

3段階のステップがあるので徐々に負荷を上げていくようにしてください。
ストレッチ1

ストレッチ2

ストレッチ3
3段階目はかなり強度が強いので無理のないようにしてください。
ポイント
① 20秒~30秒を2~3セット行う
② 意識は腰にもっていき、顔は前を向く
③ 心地よい感じより痛くなって来たら止める
④ やった後は少し背中を丸めてあげる

決して無理をしない事です。終わった後に腰に気持ちよさが残ればいいストレッチができた証拠です。
逆に腰を丸めて筋肉を伸ばした方が効果的な方も沢山います。そんなストレッチはまたの機会にします。

それでは次回をお楽しみにしていてください!

【名古屋 鍼灸接骨院】ハートメディカルグループ もりやま鍼灸接骨院 松本 紗知

コラム監修者

院長粟屋慎吾

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから