新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

54億枚!? おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!
名古屋市守山区瀬戸街道沿いにあります。
ピンクの看板が目印!!

おおもり鍼灸接骨院の旗野です!

 

日曜日は、大変暖かく良い気候でしたね。

 

私は朝からインフルエンザの予防接種に行ってきましたが、診療時間の30分前に到着して、早くも20人以上の行列が。
風邪が流行っているんですね。
皆さんお気をつけください。

 

さて、タイトルにも書きましたが
54億枚。
なんの数字だと思いますか??

 

これ、
1年間に処方される
『湿布』の枚数なんだそうです。

 

医療費にして、年間1300億円!!
全国人口で計算すると、
一人当たり1年で40枚近くつかっている
事になります。

 

そのほとんどが70歳以上の方々。

 

確かに湿布は便利ですよね。

 

接骨院では、湿布の処方はできません。

 

では何をするのか?

 

接骨院では『罨法』と言って、症状に必要な対
応をします。

 

急性期では「アイシング」といって

 

患部の痛みや炎症、腫れの拡大を抑える処置をします。

 

回復期になると、遠赤外線や足浴などで

患部や足元を温め、全身の血流や代謝の促進を行います。

 

 

湿布を使わない方がいいですよ?

ということではありませんが、

湿布以外でもお体の症状を軽減する事が

接骨院ではお手伝いできます。

 

一度ご相談くださいね。

 

ハートメディカルグループ おおもり鍼灸接骨院 旗野

コラム監修者

院長伊藤克真

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから