新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

腸脳相関 津島鍼灸接骨院

カラダのこりや痛みで悩んでいませんか?首・肩・腰・ひざ 原因をさぐり根本から改善!WEB予約はこちらカラダのこりや痛みで悩んでいませんか?首・肩・腰・ひざ 原因をさぐり根本から改善!WEB予約はこちら

こんにちは!

津島市天王通にある津島鍼灸接骨院の井亦です!

 

 

前回『ストレス』についてお話しさせて頂きましたが、今日はそこで少しご紹介した

『腸脳相関』

という言葉についてお話ししたいと思います!

 

皆さん脚は『第2の心臓』と呼ばれているのをご存知ですか?
同じように腸にも別の呼び方があります。

 

『第2の脳』

そう、腸は『第2の脳』と呼ばれます。
脳と腸は、自律神経やホルモンなどの情報伝達物質を通して、お互いに協力し合っています。
脳がストレスを感じると、自律神経から腸にその刺激が伝わるので、お腹が痛くなったりします。

腸が病原菌に感染したり、状態が悪いと脳は不安を感じますし、
腸からホルモンが放出されると、脳は食欲を感じます。

これらをみると腸は『第2の脳』だという事が分かりますね。
この反応を『腸脳相関』と言います。

 

例えば、大切な試験の前や重要な会議の前になると、
緊張や不安から下痢をしたり、逆に便秘になることがあります。
これを過敏性腸症候群(IBS)といいます。過敏性腸症候群の症状が長く続き、症状が悪化すると、うつ症状や様々な不定愁訴が出てきます。

脳がストレスを受け、自律神経のバランスが崩れると、血行不良により肩こり、頭痛などを伴うこともあります。
女性では特に生理不順などでも胃腸の働きが低下するので、
便秘や頭痛に悩まされることも多いと思います。

 

このように腸がストレスを受け続けると、

脳が不快・不安を感じ、その脳の反応が腸の消化機能を悪化させる、という悪循環に陥ります。

 

つまり、上記のような症状が現れるのは、
脳が強いストレスを感じて、自律神経の働きが悪くなる事で起こります。
緊張したり、ストレスを感じている時に働く交感神経の指令が腸に伝わり、腸の働きが低下します。

対して脳がリラックスすれば
体を回復したり、休息している時に働く副交感神経へスイッチが切り替わり、
腸の状態は良くなります。

 

好きな事をして脳からストレスケアすることも大事ですが、
腸内の環境を整えてあげる事もストレスケアに繋がりそうですね!

 

ハートメディカルグループ 津島鍼灸接骨院 井亦

カラダのこりや痛みで悩んでいませんか?首・肩・腰・ひざ 原因をさぐり根本から改善!WEB予約はこちらカラダのこりや痛みで悩んでいませんか?首・肩・腰・ひざ 原因をさぐり根本から改善!WEB予約はこちら

コラム監修者

腸脳相関 津島鍼灸接骨院 写真

院長倉見太郎

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから