新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

お腹を引き締めて痩せる!ちょっとした時間でできる体幹ストレッチとは?

お腹を引き締めて痩せる!ちょっとした時間でできる体幹ストレッチとは?
お腹が痩せるストレッチにはいろいろありますが、実はストレッチは柔軟性を高めるだけでなく、他にもさまざまな効果が期待できる運動ということはご存じでしょうか?

今回は、ストレッチをするメリットやポイントに加えて、お腹を引き締めて痩せる体質になるための最強体幹ストレッチの方法についてご紹介します。

柔軟性だけない!ストレッチをするメリット

お腹痩せストレッチで期待できる効果は、柔軟性の向上や関節可動域の拡大だけではありません。
では、具体的にストレッチにはどんなメリットがあるのか解説していきます。

血行が良くなり老廃物が流れる

ストレッチは、凝り固まった筋肉などをほぐして身体の柔軟性を高めるだけでなく、老廃物を流して血行を促進し、基礎代謝を上げることができます。

基礎代謝とは、活動をせずにいても消費される1日あたりのエネルギー量のこと。
その基礎代謝を上げることで、脂肪が燃焼しやすくなり、身体を痩せやすい体質へと改善することができます。

また、老廃物を流して血液循環が良くなることで、酸素や栄養が身体の隅々に行き渡り、疲労回復につながるのもメリットの一つです。

さらに、ストレッチは冷えやむくみなどの改善にもつながるため、特に男性と比べて筋肉量が少ない女性は定期的にストレッチを取り入れると良いでしょう。
柔軟性だけない!ストレッチをするメリット

腰痛の予防

ストレッチのメリットの二つ目は、腰痛予防。

ストレッチをすることで、腰やお腹周りの凝り固まった筋肉がほぐれて可動域が広がり、筋肉や関節などに必要以上の負荷をかけることがなくなるため、腰痛予防につながります。

腰痛に効くストレッチについては、こちらの「腰痛の改善・解消に効くストレッチ&筋肉トレーニングとは?」で詳しくご紹介しています。

リラックス効果

ストレッチは自律神経の乱れを整え、リラックス効果が期待できるのもメリットの一つです。

ストレッチをすることにより、筋肉の緊張を和らげて血流を良くするほか、心と身体ともにリラックス効果を生む副交感神経が活性化しはじめます。

そのため、ストレスでイライラした時や良質な睡眠をとりたい時などに、呼吸に合わせてゆっくりとストレッチを繰り返すとリラックス効果を得ることができます。

ストレッチだけでお腹は痩せる?ストレッチをする際のポイント

ストレッチだけでお腹は痩せる?ストレッチをする際のポイント
お腹を引き締めて痩せるためにすべきことは、ストレッチなどの運動でお腹周りを引き締めるだけではありません。普段から、痩せやすい体を作る生活習慣を心掛けたり、効果的なストレッチのタイミングを見極めたりすることも大切です。

そこで、お腹を引き締めて痩せるために、日々の生活やストレッチの際に意識しておきたいポイントをまとめます。

正しい姿勢を意識する

お腹痩せをする際に大切な事は、まず正しい姿勢に戻すことです。

実は、悪い姿勢のままだと、筋肉に不要な負荷がかかって血行が悪くなるため、身体の基礎代謝が落ちてしまい、痩せにくい身体になってしまいます。

さらに姿勢が悪いと、腰痛や肩こりを引き起こすだけでなく、骨盤もゆがんでしまう可能性もあるため、「お腹を引き締めたい!」と思ってストレッチなどをしていても、なかなか効果が出ず、悪循環に陥ってしまうことも…。

正しい姿勢は、痩せにくい身体を改善するだけでなく、身体の不調を整える基本的な要素です。
そのため、特に普段から足を組んだり猫背になっていたりと悪い姿勢をしがちな方は、意識して正しい姿勢に戻すように心掛けましょう。

腸内環境を整える

お腹が痩せるストレッチと共に大切なのが、腸内環境の改善です。

腸の働きを活発にして腸内環境を整えることで老廃物を排出し、必要な栄養素の摂取と運動によって効率的に筋力を鍛えることで、お腹痩せをより効果的に行うことができます。

痛みが出ない程度にゆっくりと行う

ストレッチの効果を上げてよりお腹が痩せるようにしよう…と考えてしまいがちですが、必要以上に負荷をかけすぎてしまうと筋肉や筋を傷めてしまい逆効果です。

お腹痩せストレッチをする際には、「気持ちいい」と感じる程度の力加減に留めておきましょう。

また、ストレッチで伸ばしている部分を意識しながら行うことで、より効果が得られるため、動作に反動を付けたりせずにゆっくりと呼吸を意識しながら行うことが大切です。

運動後や入浴後に行う

お腹痩せストレッチの効果を高めるためには、ストレッチをするタイミングも重要です。

ストレッチをするタイミングでおすすめなのは入浴後。

お風呂に入って身体が温まると、血行が良くなり、緊張していた筋肉がほぐれやすくなるため、ストレッチの効果を高めるには最適です。

お腹を引き締めて痩せる体に!最強体幹ストレッチの方法とは

お腹を引き締めて痩せるために、まずは、筋肉をほぐすストレッチが大切です。
そこで、プロレスラー棚橋選手が修業時代メキシコから持ち帰った最強の体幹ストレッチをご紹介します。

お腹が痩せるストレッチ(1)


まず、真っ直ぐに立ち、足は肩幅に開いて、手は太ももにあてて添わせてください。

次に伸ばしている筋肉を意識しながら、手は太ももに付け、その状態から横に30~40度ぐらいに傾けます。

この時、体のバランスが崩れない程度に息を吐きながらゆっくり行ってください。
回数は片方ずつ15回を2セット行い、一回ごとに基本姿勢に戻りましょう

このストレッチでは、腹横筋、腹斜筋、広背筋等を一度に伸ばすことができます。
特に伸ばしているところを意識しながら行うことが大切で、体のバランスを崩れるくらい倒す必要はありません。

お腹が痩せるストレッチ(2)


まず、足は肩幅に開いて、まっすぐに立ちます。

次に、腕を正面に90度の高さまで挙げて、上半身(頭部も同時に)ゆっくり捻ります。

そして、腕を90度真っすぐ前に上げその上体で横に大きく振ってください。
その際、頭も同時に動かしましょう。

回数は20回を2セット程度行ってください。もし痛みが出てしまった場合は中止するか、無理のない範囲で行いましょう。

お腹を引き締めるハートメディカルのメニュー

ハートメディカルグループの鍼灸接骨院では、お腹周りが気になる方のためのメニューをご用意しています。

バランス整体

ハートメディカルグループの基本治療として採用している治療法で、全身の筋肉と経穴(ツボ)を刺激することにより、筋肉の緊張を緩和し、姿勢を整えます。

短時間の施術でも十分な効果が得られるため、負担が少なく済むのもポイントです。

関連記事:「HM全身調整法

楽トレ

「楽トレ」とは、従来の複合高周波をさらに強化させた「ダブルインパクト波形」によって、アウターマッスルだけでなく、自己流ではなかなか鍛えることが難しいインナーマッスルも同時に鍛えることができるため、リバウンドしにくいスッキリしたボディラインを目指す方におすすめのメニューです。

関連記事:「楽トレ(EMSトレーニング)

心と身体、両方に効く医療を提供するハートメディカルグループ


ハートメディカルグループは、毎月延べ25,000人もの方が来院される名古屋No.1の鍼灸接骨院グループです。

国家資格を有する治療家が、専門的な見地から症状を正確に見立てた上で、確かな技術をもって施術を行います。お身体のお悩み解決、各種保険診療のほか、交通事故治療・むちうち治療にも対応しています。

 


お近くの接骨院を探す

ご予約は各院までお気軽にお電話ください。

コラム監修者

竹田 信一郎

専務取締役竹田 信一郎

一般社団法人 日本柔整鍼灸協会 理事
厚生労働大臣認定 柔道整復師
健康経営アドバイザー

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから