新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

ファイトメニューその②“Soup” 津島鍼灸接骨院

こんにちは!津島市天王通にある津島鍼灸接骨院の井亦です!

 

今回もファイトケミカルスをしっかり摂れる
ファイトメニュー』(正式名称ではありません笑)を
紹介したいと思います!

 

定番のおかずに紫色のパワーを!
“紫キャベツとベーコンのスープ”

fight1

 

材料(2人分)
じゃがいも・・・・・・1個
にんじん・・・・・・・1/2本
玉ねぎ・・・・・・・・1/2個
ベーコン・・・・・・・2枚
紫キャベツ・・・・・・100g
水・・・・・・・・・・500ml
ブイヨンキューブ・・・1個
ローリエ・・・・・・・1枚
塩・・・・・・・・・・小さじ1/2
こしょう・・・・・・・少々
クリームチーズ・・・・大さじ1

 

作り方
① じゃがいもとにんじんはよく洗い、皮付きのまま一口大に切る。玉ねぎはくし形切りにする。ベーコンは3㎝の長さに切る。紫キャベツは細切りにする。

② 鍋に水とじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、ベーコン、ローリエを入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて蓋をして10分程煮る。

③ じゃがいもに火が通ったら、ブイヨンキューブと塩、こしょう、紫キャベツを加え、蓋をして5分程蒸し煮にする。

④ 塩、こしょう(各分量外)で味を調え、器に盛り、クリームチーズを添える。

 

根野菜の優しい甘さを引き出した定番のおかずスープも、紫キャベツをプラスするだけでフレッシュな印象に。にんじんに含まれるβカロテンはベーコンの脂と一緒に摂る事で、吸収率アップ!紫キャベツのアントシアニンはスープに溶け込んでいるので、たっぷり食べれば目の疲れもスッキリ!

 

またいろいろとご紹介していきますので、お楽しみに!

 

ハートメディカルグループ 津島鍼灸接骨院 井亦

コラム監修者

ファイトメニューその②“Soup” 津島鍼灸接骨院 写真

院長倉見太郎

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから