新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

ぎっくり腰について ほんごう鍼灸接骨院

こんにちは、地下鉄本郷駅からスグ ほんごう鍼灸接骨院(名古屋市名東区本郷)の堅田です。

患者さんから「ぎっくり腰は癖になるの?」という質問がよくでるので
そのことについてお話しようと思います。

結論から言えばぎっくり腰は癖になります。

ぎっくり腰とは「急性腰痛症」といい腰の周りの組織(主に筋肉)が負荷に耐えられなくなり炎症を起こしてしまい、激しい痛みが出ることです。

簡単に言ってしまえば筋肉が傷ついて炎症が起こって
しゃれにならないぐらい痛いのですが、

傷ついた筋肉は治る途中で瘢痕化します。
硬くなって筋肉が伸びづらくなる(かさぶたみたいなイメージ)わけですが、
この時点で初期の激しい痛みが軽減していることが多いので、
多くの方がこの時点で治ったと思ってしまいます。

が・・・
完全に治っていないかさぶたのような状態のままで今までと同じ生活に戻るために、
負担に耐え切れずにすぐにまた痛みが襲ってきます。

この流れの繰り返しが「癖」といわれる所以です。

では、この癖は治せないのか?

残念ながら特効薬はありません。

しかし、

① 硬くなった組織とその周りをゆるめる(筋肉やツボに対して手技や鍼での施術、ストレッチ、適度な運動)
② 体にかかる負担を少なくする(生活習慣の見直し)
③ 身体が100%の力を出せる状態にする(①②の継続)

以上の3点を根気強く継続させて、

ぎっくり腰になる前に、
腰周りを含めた身体全体の調子を整えておくことができれば、
ぎっくり腰は癖になりません。

また季節的にぎっくり腰になりやすいのは寒い時期だけではありません。

3月~4月の寒暖の差が激しい季節の変わり目や異動に伴う引越しなど、
環境の大きな変化にも影響をうけます。

今はまだ症状の出やすい時期ですので、
少しでも不安のある方は日常の動作・生活に気をつけてお過ごしください。

ぎっくり腰が癖になっていらっしゃるなら一度ご相談ください。
私たちで改善のお手伝いをさせて頂きます。

ハートメディカルグループ ほんごう鍼灸接骨院 堅田久光

 

コラム監修者

原稿整理 原稿整理 100% 10 B6 院長 スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。 院長 スクリーン リーダーのサポートを有効にする八巻洸斗

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから