新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

膝蓋下脂肪体炎 さくらやま鍼灸接骨院

こんにちは!さくらやま鍼灸接骨院(名古屋市昭和区)の谷澤です。

 
レントゲンやMRIで異常がみられない膝の前の痛みで多いのがこの膝蓋下脂肪体炎です。

図をみると分かるように、膝で最も痛みを感じやすいのがこの膝蓋下脂肪体です。(色が黒いほど痛みを感じやすいです)

膝蓋下脂肪体には神経や血管が含まれます。
膝蓋下脂肪体に負荷がかかると血管や神経が余分につくられ、より痛みを起こしやすくなります。

 

【負荷がかかりやすい姿勢】
立位で膝をピンと伸ばしていると、脂肪体に圧迫ストレスがかかり、圧で脱水し脂肪体が硬くなるなどの負荷が増えていきます。

←左が伸ばした姿勢 右が曲げた姿勢→

 

そのため、立位は軽く膝を曲げているのが理想とされます。

 

【半月板にも影響を及ぼす】
膝蓋下脂肪体が硬くなると膝を曲げた時の半月板の動きを止めてしまいます。
これにより膝を曲げた時に半月板が逃げられず、押しつぶしてしまうインピンジメントと呼ばれる状態を引き起こします。

 

【治療】
膝蓋下脂肪体の脱水状態を脱するために、水分を送る必要があります。
そのために、鍼治療や脂肪体を動かすといった治療が必要になります。
立ち方も膝を軽く曲げられるように膝を無意識に伸ばしてしまう筋を調整し、負担を減らします。

 

膝前部が痛いと感じたら一度ご相談ください!

 

 

さくらやま鍼灸接骨院

所在地:名古屋市昭和区桜山5丁目98-5 ふじもビル1F

電話:052-842-0550

コラム監修者

膝蓋下脂肪体炎 さくらやま鍼灸接骨院 写真

院長谷脇友隆

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから