新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

タナ障害 みその鍼灸接骨院

こんにちは

みその鍼灸接骨院(名古屋市中区)の金子です。

 

今回はタナ障害について述べていきます。

タナ障害は膝の曲げ伸ばしをしたときに、膝のお皿の内側の痛みやひっかかり感があります。
→その際に「コキッ」「コツッ」といった音がします。

 

タナってなに?

タナ(滑膜ひだ)は膝関節の中の空間にあり、その空間を仕切っています。膝のお皿(膝蓋骨)と太ももの骨(大腿骨)の間の滑膜ひだは、物を載せる棚のように見えるため、タナと呼ばれているんです!タナは胎児期に一時的に作られるもので、半数の方にはそのまま残っていますが、特に何の機能も持たない組織です。

 

どうしてタナが痛むの?

タナが繰り返しの膝の曲げ伸ばしで摩擦を受けた為、炎症を起こし腫れや痛みとして現れます。膝を使いすぎたりすると痛みますが、体質的にタナが大きかったり、厚みがあるとより症状が現れやすくなります。特に太ももの筋肉が疲労していると、柔軟性が低下して、タナの摩擦が強くなり症状が出やすくなります。
10~20歳代の若い方に多く、男性よりも女性の割合が高いです!また陸上競技、野球、バスケットボール、バレーボールなどのスポーツで多く見られます。

 

当院での治療法

痛みの根本原因を取り除くには手術するしかありません。タナは特に何の機能も持たない組織であるため切除しても問題ありません。しかし、長期のリハビリや、膝関節の侵襲によるパフォーマンスの低下を考慮して保存療法を第一とします。

 

当院で行う保存療法

1、HMバランス整体
膝を支持する深層の筋肉の機能低下や、太ももの筋肉の柔軟性低下により、タナにかかる負荷が大きくなって、痛みとして現れるケースがほとんどです。なので、HMバランス整体で体の土台となる骨盤を整え、深層筋を再教育することにより、太ももの柔軟性を取り戻していきます。継続することによって膝の痛みが出なくなります。

 

2、楽トレ
痛みが半分に軽減してきた段階でご案内させていただきます。膝と骨盤周囲の深層の筋肉を電気刺激で直接鍛えることによって、より支持力と柔軟性を高めることが出来ます。さらに、膝周囲の血行状態が良くなるので、痛みを抑えることが来ます。

 

膝の内側が痛むものすべてがタナ障害ではなく、関節内の組織や軟骨に痛みの原因がある場合もあります。
でもご安心ください!! 当院ではその都度、痛みの程度と動きを確認して施術していきますので、痛みを訴える症状とタナ障害の関連性を十分に取捨していくことが出来ます!お困りの方はぜひ当院にご相談くださいね!

 

お忙しい日常生活の中で、貴重な時間を大切に出来るように予約優先で治療して頂き、さらに早期に症状の改善を目指した治療プランをご用意しております。

お電話でのご予約随時受け付けております。

みその鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中区栄1丁目14-20東海御園ハイツ1階

電話:052-265-8583

https://www.heart-medical.co.jp/shop/misono.html

コラム監修者

院長青山義輝

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから