腕が上がらない!これは四十肩・五十肩!?

 

皆さんの周りで、「腕が上がらない…」「肩が痛くて仕方ない…」と悩んでいる方はいませんか?

肩が痛くて腕が上がらない状態なら、もしかしたら、それは四十肩や五十肩かもしれません。
もし、四十肩・五十肩になってしまったらどう対処すれば良いのか、今回はそんな四十肩・五十肩の症状や対処法などについてお話しします。

 

腕が上がらないのは四十肩・五十肩?

肩が痛くて腕が上がらない場合、まず疑うべきは四十肩や五十肩です。

世間では四十肩や五十肩というと、その名前から中年以降になってしまうものだと思われている方も多いですが、実は若い人でも四十肩・五十肩になってしまうこともあるんです。

四十肩や五十肩は、一般的に男性より女性の方が多く、好発年齢が40代~50代の方が多いため、俗称として四十肩・五十肩と呼ばれているだけで、正式には肩関節周囲炎やフローズンショルダーなど、症状によって様々な名称があります。

また腕が上がらない場合、四十肩・五十肩以外でも疑うべき症状もあります。

例えば、腱板の老化によって肩の腱板筋群という部分の筋が切れてしまう「腱板損傷」や「腱板断裂」、また肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって炎症が起こる「石灰沈着性腱板炎」など、四十肩や五十肩に似ている症状もあるため、注意が必要です。

 

四十肩・五十肩の種類

【肩関節周囲炎】
一般的に四十肩・五十肩の多くが肩関節周囲炎を指します。

肩関節周囲に初期は違和感を覚え、鈍痛から激しい疼痛に変化するのが特徴です。また動作時痛だけでなく、炎症の具合などによっては夜間時痛などがあります。

 

【フローズンショルダー(凍結肩)】
四十肩・五十肩の中でも急性期を終えた状態をフローズンショルダー(凍結肩)と言います。

痛みはほとんど軽減している状態ですが、肩の関節可動域が著しく低下している状態を指します。

 

【上腕二頭筋長頭腱炎】
上腕二頭筋長頭腱炎は四十肩・五十肩と混同されやすい症状です。

肘を曲げる時に使用する筋肉が収縮する際に、腕の骨と擦れる事で炎症が起こり、肩関節前面に痛みが発生します。

 

【石灰沈着性腱板炎】
石灰沈着性腱板炎も四十肩・五十肩と混同されやすい症状の一つです。

40~50歳代の女性に多くみられ、肩関節を支える筋肉および腱の部分(腱板)にリン酸カルシウム結晶が沈着する事で起こります。

石灰がたまって患部で膨らんでくると痛みが増すため、痛みの性質としては激痛であることが多い炎症です。

 

【肩腱板損傷・肩腱板断裂】
肩腱板損傷や肩腱板断裂も四十肩・五十肩と混同されやすい症状の一つです。

肩関節の奥にある筋肉、肩甲下筋腱、棘上筋腱、棘下筋腱、小円筋腱が老化によって変性、断裂し、痛みに繋がります。

 

四十肩・五十肩の原因

腕が上がらなくてつらい四十肩・五十肩ですが、その原因は肩周辺の筋肉や靭帯などに起こる炎症です。

肩関節は、腕の骨、肩甲骨、鎖骨から構成されています。
それら骨を繋いで支えるために、筋肉や腱、靭帯、滑液包というものが存在するのですが、四十肩・五十肩は加齢に伴い、骨を支える部分の柔軟性が低下、変性を起こし炎症が発生したり、関節を包む袋である関節包の癒着などが起きたりする事で発症するとされています。

 

腕が上がらなくてつらい…四十肩・五十肩の症状とは?

四十肩・五十肩は、症状が出始めたばかりの急性期では、肩関節に強い炎症が起こっている事があり、肩を動かしたり、腕を上げようとしたりすると強い痛みを感じるため、肩関節の可動域が制限されてしまうのが特徴です。

また四十肩・五十肩には、就寝時や夜中に痛みが強くなる夜間痛といった症状もあります

症状の時期によって炎症期、拘縮期、回復期と、それぞれ症状に違いはありますが、炎症がひどい場合には、痛みで眠れない、寝返りをしただけでも痛みで目が覚める、腕を動かさなくても肩の関節が傷むなどの症状を訴える方もいます。

さらにある程度炎症がおさまった拘縮期でも、肩の可動域が制限される事が多くあります。

 

腕が上がらない場合のセルフチェック

四十肩・五十肩を予防するためには、日頃からの運動に加え、肩の関節を大きく動かす事がポイントです。
ストレッチや体操を行う事で、関節の可動域を広げ、血流が促進され、四十肩・五十肩の予防に繋がります。

しかし、もしそれでも腕が上がらない・肩が痛むなどの症状で、「四十肩・五十肩かも…」と疑った場合、以下のセルフチェックを参考にしてみてください。

  • 着衣動作、エプロンや髪を結ぶ動作で痛みを感じる
  • 高い所の物を取ろうとした際に痛みを感じる
  • 洗濯物を干す動作で痛みを感じる
  • 買い物袋や鞄を持ち上げた際の動作時痛
  • 肩の痛みが取れず徐々に痛みが強くなっていく

上記のような動作で肩関節が痛む場合は、四十肩や五十肩の疑いがあります。
関節の痛みを放置しすぎると、関節が硬くなってしまい、余計に腕を上げづらくなってしまうため、できるだけ早く痛みを抑えるためにも、早めに整形外科や接骨院などに相談することをおすすめします。

 

四十肩・五十肩の対処法

もし四十肩・五十肩を発症してしまった場合の対処法は、以下の通りです。

急性期 【症状が出始めたばかりの時期】
無理に動かさず、楽な姿勢を維持する
炎症期 【炎症で痛みがある時期】
患部へアイシングを行う
拘縮期 【痛みが緩和されてきた時期】
温めて血流を促進させる

もし痛みが気になる場合、日常生活では三角巾などで肩にかかる負担を軽減させるのも良いでしょう。

また、病院で処方された痛み止め薬や、ステロイド注射などでも一時的に痛みを抑えることができるため、痛みがひどい場合は整形外科等での相談をおすすめします。

 

ハートメディカルグループの四十肩・五十肩 施術メニュー

ハートメディカルグループでは、腕が上がらない・肩が痛いなどの四十肩・五十肩の症状を改善するために、鍼治療・ハイボルテージ治療をご用意しています。

ハイボルテージ療法

ハイボルテージ療法とは、最大150V の電圧をかけて通電することで、深い部分の筋肉(深層筋)までしっかり届き、筋肉の緊張を緩和してくれる治療法です。

電気治療特有のピリピリ感も少ないので、電気治療が苦手な方でも安心です。

「ハイボルテージ療法」についてはこちらから

 

鍼治療

鍼治療は、患部に対して体内から刺激することで、大きな効果を発揮する治療です。

特にHM鍼灸法は症状に応じて、経穴や神経、筋肉に通電刺激することで症状の早期改善をはかるため、表面からでは手が届かない深い部分にも、鍼刺激でアプローチすることが可能な治療方法です。

「HM鍼灸法」についてはこちらから

 


また、患部以外の残存機能へのアプローチや、炎症が収まってきた時期(拘縮期)に起こる可動域制限を改善させるバランス整体を行う事で、肩関節の機能回復をさせる事もできるため、ぜひお近くのハートメディカルグループ鍼灸接骨院へお気軽にご相談ください。

 

心と身体、両方に効く医療を提供する
ハートメディカルグループ

ハートメディカルグループは、毎月延べ25,000人もの方が来院される名古屋No.1の鍼灸接骨院グループです。

国家資格を有する治療家が、専門的な見地から症状を正確に見立てた上で、確かな技術をもって施術を行います。お身体のお悩み解決、各種保険診療のほか、交通事故治療・むちうち治療にも対応しています。


お近くの接骨院を探す

ご予約は各院までお気軽にお電話ください。