新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

スポーツ障害 膝編

こんにちは。ハートメディカル本部の伊藤です。

段々と暖かくなり運動されている方が多くなりましたね。

本日は少年期のスポーツと膝の痛みについて。

我々のもとには多くのスポーツ少年、少女たちが来院しています。

競技の特性により負荷のかかる場所が違いますが、膝の関節は多くスポーツで損傷される関節です。

一度に強い捻じりが加わり組織を損傷してしまう、いわゆる「ケガ」もあれば
一定の力が反復的に加わり組織に炎症がおこるものもあります。

代表的なものではオスグッドシュラッター病というものがあります。
膝のお皿の下の軟骨が盛り上がり屈伸時に痛みがでるものです。

サッカーのようにダッシュしたり、バスケット競技のようにジャンプしたりする競技をする人に多くみられます。

同じ競技で同じ練習量でもそうなる人と、ならない人がいますのでそこには何かあるわけです。

そのあたりをお話をききながら紐解いていきながら治療をし症状をとっていきます。

オスグッドの場合は単に太ももの前の筋肉をゆるめたり、お皿の下にサポーターをつけるだけでなく、 骨盤から下肢全体にかけて神経と筋肉の整合性を整えることが大切です。
多くの整形や接骨院ではこの整合を行わないことが多いとききます。オスグッドが治りにくいのはそのせいでしょうね。

ハートメディカルグループではそれをPNFという手技で行います。

膝の周り、とくにひざ下の軟骨が盛り上がり 痛みがある場合はお近くのハートメディカルグループの院へご相談くださいね。

ハートメディカルグループ 伊藤真澄

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから