新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

頑張れ! ダルビッシュ有! 自由ヶ丘鍼灸接骨院

こんにちは!

 

地下鉄自由ヶ丘駅前、ピンクの看板が目印、自由ヶ丘鍼灸接骨院(名古屋市千種区)の鰐部です。

 

今年も野球シーズンに入り、かなり盛り上がっていますね。

 

日本の野球も良いけど、メジャーの日本人選手も頑張ってほしいですね。

 

そこで気になるのはメジャーリーガー『ダルビッシュ有』

 

トミー・ジョン手術により長期離脱をしていましたが、いよいよ4月26日からリハビリ登板を始めるようですね。

 

トミー・ジョン手術とは、肘の損傷した靭帯を切除し、反対側の前腕や下腿などの正常な腱を移植する手術のことを言います。

 

そして、このトミー・ジョン手術、メジャーでは34%近くの選手が受けているようだ。

 

対して日本では4.4%の選手しか行っていないというではないですか。

 

 

 

なぜこんなに差があるんだろう?気になり調べてみると

 

1つ目は「ピッチャーマウンドの硬さ」

 

メジャーのマウンドは硬く、日本は柔らかい

 

 

2つ目は「ボールの品質」

 

メジャーのボールは滑りやすく、日本は滑りにくい

 

 

3つ目は「登板間隔」

 

メジャーは中4日、日本は中5日、中6日
この他にも球種の違いや、投球フォームなどとも言われてはいます。

 

しかし、メジャーに行った日本人選手が肘を壊してしまうということを考えると、先の3つが大きく関係していると考えられますね。

 

このように野球に限らず、環境の変化が体には大きなストレスとなってしまうことは多々あります。

 

スポーツを行っていて痛みや違和感を感じることがあれば、取り返しのつかない状態になる前に、専門である鍼灸接骨院・整形外科を受診してくださいね。

 
お体の痛み、スポーツ外傷・障害、交通事故の治療でお悩みの方はぜひピンクの看板が目印のハートメディカルグループ鍼灸接骨院・治療院までお気軽にご相談ください!!

 

 

当院には、自由ヶ丘をはじめ、光が丘、千代が丘、春里町、希望ヶ丘、月ヶ丘、南ケ丘、富士見台、平和が丘、揚羽町、霞ヶ丘、春里町、徳川山町と近隣の地域の方が多く来院されております。

 

 

ハートメディカルグループ 自由ヶ丘鍼灸接骨院 鰐部 達也

コラム監修者

井村 純一

院長井村 純一

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから