新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

残暑バテ 津島鍼灸接骨院

こんにちは!

津島鍼灸接骨院(津島市天王通)の井亦です。

 

 

 

~残暑バテとその対処法~

 

・そもそも残暑とは?

残暑とは、8月8日の立秋から9月20日の秋分の日までの間の暑さのことを言います。

この時期、残暑とは言っても暑さがピークになる時期でもあり、大人でもそうですが、特に背の低い子どもには外のアスファルトの照り返しがきつく感じられます。

大人と違い、子どもも身体への負担がかかっているということも忘れてはならないポイントです。

夏休みとは、元々体力や抵抗力の少ない子どもを夏の暑さから守るためのお休みの期間だったことを考えると、夏のお出かけを楽しんだ後はしっかりと体調を整えてあげることも大切なことなのです。どんなことに気をつければいいのでしょうか?

 

 

・残暑バテに気をつけよう!

夏バテにはならずに何とか盛夏を過ごしたけれど、残暑になって疲れが出て来てきた、という経験は皆さんにもがありますよね。大人もそうですが、子どもにとってこの残暑バテは結構厄介な問題です。

 

夏休みももう終わり。夏のお出かけイベントもひと段落し、いつもの日常が戻ってくる頃になって、もう夏バテの心配もしなくていいと思いきや、子どもの調子が何だか悪そうだなんてことがあります。自分も調子悪さを感じているかも知れませんね。

 

このことからも分かるように、実は暑さでヘトヘトになるのは真夏の時期だけではないのです。夏の暑さの疲れが身体に溜まり、少しずつ「何だか疲れた」というサインを出し始めるのが、8月終わりから9月中旬くらいまでのこの時期なのです。

子どもも幼稚園や保育園、学校が始まり、夏休みのペースとは違った日常が再び始まると、そのペースに身体がついていかず、極端に疲れてしまうこともあります。

こういった時期には抵抗力が落ちているため、普段は何ともないところで風邪を引いてしまい、長引いてしまうこともあるので要注意です。

 

 

・残暑バテの対応方法

残暑バテ対応方法として以下の3つが挙げられます。これらを上手に取り入れて残暑バテを乗り越えて下さい。

 

 

●睡眠(静養)

いつもよりも少しだけ早く寝たり、昼寝を効果的に取り入れて身体の自然治癒力を高めましょう。本当に身体が疲れている時は、寝ても、寝てもまだ眠れるというように身体が睡眠を欲していることがよくあります。普段は昼寝をしない人でも、この機会にゆっくりと身体を休ませてみて下さい。

 

 

●栄養
ビタミンB1を多く含む食べ物(鰻や豚肉、ニンニク、枝豆、蕎麦、玄米など)を食事にどんどん取り入れましょう。ビタミンB1は糖質を分解する酵素を助けてエネルギーに変えてくれます。

 

一方、ビタミンB1が不足することで疲れやすくなったり、身体がむくんだりイライラしたりする原因にもなるので、残暑の時期には特に注意して下さい。

 

 

●軽い運動
睡眠をしっかり摂って栄養を蓄えたら、遊びがてらちょっと身体を動かすものを取り入れてみましょう。この他、身体に負担のかからない程度に散歩をしてみましょう。

 

 

 

いかがだったでしょうか?
対応方法などは一般的に推奨している事が多かったですね。
つまり、季節変動は近年大きくなって来てますが、規則正しい生活をしましょう、という事ですね!

 

まだまだ暑い日が続きますので皆様もお体に気をつけて下さいね!

 

 

ハートメディカルグループ 津島鍼灸接骨院 井亦

コラム監修者

院長倉見太郎

柔道整復師
鍼灸師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから