新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

TFCC[三角繊維軟骨複合体損傷]について おおもり鍼灸接骨院

こんにちは。
おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の森下です。

 

今回はTFCC[三角繊維軟骨複合体損傷]についてお話しさせて頂きます😌

 

🌀そもそもTFCCとは???
なかなか聞き慣れない言葉ですよね😯
TFCCとはタイトルにも記述した通り三角繊維軟骨複合体の事を指します。

 
🌀ではどこにあるのか???

場所は手首の関節の小指側にあり、6つの靭帯と関節円板が組み合わさってできたもので、手首の衝撃を和らげるクッションのような役割をしてくれています。


🌀原因は??

原因は主に3つ程あります。
1つ目は手をついて転んでしまった時や交通事故

 

2つ目は頻繁に手をついたり捻ったりする競技

 

3つ目は尺骨突き上げ症候群です。

(尺骨突き上げ症候群とは:手首に二本ある骨のうち、小指側にある尺骨という骨が長いことが痛みの原因とされているものです。
通常は親指側にある橈骨と尺骨は同じくらいの長さですが、生まれつき長いとか、
骨折や老化などによって尺骨が長くなり、手首の他の骨とぶつかることによって、手首の小指側に痛みが生じるものです。

 

🌀どんな症状がでる??
手首の関節の小指側の痛み、雑巾を絞るような動作。ドアノブを回すような動作をした時。さらにその動作から手首を小指側に傾けた時痛みが強くなる事が多いです。他にも握力の低下や手に力が入りにくいなどといった症状もみられます。

 

🌀診断方法は???
下記の写真の動作をして痛みが出た時。

レントゲンでは判断がつきにくいです

 

 

🌀どんな治療をしたらいいの😯⁇
まずは安静にすること。またはギプスを装着したりサポーター、テーピングなどなど。
固定をして安静を維持できれば約70%の確率で治ると言われています。
ただし、3ヶ月上記の治療を行っても症状が改善しない場合手術を考えます。

🖍もしかして自分はそれかも?と思った方、ぜひ一度おおもり鍼灸接骨院にご相談ください😁

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

 

コラム監修者

院長伊藤克真

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから