新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

浮腫みについて おおもり鍼灸接骨院

こんにちは、おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の小原です。

 

今回は浮腫み(むくみ)についてお話しします。

むくみのことを、医学的な用語では「浮腫(ふしゅ)」と言います。

 

わたしたちの体内は水分で出来ていますが、その中の3分の2程度が「細胞間質液」という、細胞の中の水分です。細胞間質液は本来血液の成分の一部となり栄養素を全身に運ぶ働きをするのですが、栄養を運んだ後にうまく血液の中に戻れないことがあります。うまく血液中に戻ることが出来なかった細胞間質液がむくみとなって身体に現れます。

 

これらが起こる理由は

主に以下のものが挙げられます。

 

重力の影響
長時間同じ姿勢でいる
筋肉の衰え
冷え
塩分の摂り過ぎ
アルコールの摂取
たんぱく質の不足
自律神経の乱れ
内臓疾患等があります。

 

【日常生活で気をかけること】

まず、常日頃から意識すべきことです。

■冷え対策
・エアコン、冷房機器を多用せず冷えないようにする

 

■アルコールの摂取
・アルコールの量を抑える
・アルコール摂取後、水分は少しずつとる
※一気に水分をとっても乾きは収まらない
・翌日は水分をあまり取らず、汗をかいて水分を排出する

 

■たんぱく質の不足
・たんぱく質を十分摂取する
※推奨量は体重の1000分の1
例)体重50Kg⇒たんぱく質50g

 

■塩分の摂り過ぎ
・塩分を取り過ぎない
・カリウムを十分摂取する

 

■筋肉の衰え
・運動の習慣をつける
※筋肉強化以外にも代謝改善&血流改善効果も

 

■自律神経の乱れ
・規則正しい睡眠を取る
・カルシウムの摂取

 

【即効性のある方法】

■長時間同じ姿勢でいる
■重力の影響

 

などが原因でむくみが生じる時、状況によっては直接対策できないことも考えられるので、むくみに即効性がある方法をご紹介します。

 

主に以下の4つです。

足湯
足を心臓よりも高い位置に固定する
とりあえず体(特に下半身)を動かす
リンパマッサージ

浮腫みが気になる方は自宅でも実践できますので皆さん行動に移しましょう。

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214

コラム監修者

浮腫みについて おおもり鍼灸接骨院 写真

院長伊藤克真

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから