新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など

坐骨骨端症 おいせ鍼灸接骨院

こんにちは!
おいせ鍼灸接骨院(名古屋市中村区太閤町)の川口です。

 

 

過ごしやすい気候が続いていますが、夏の疲れが出て体調を崩される方も
多くいるようですがいかがお過ごしですか?

 

先日、中学生の男の子が野球の練習をしていて太もも付け根辺りが痛いと
来院されました。走りこみの練習が続き痛みが強くなってきたそうです。
触診して肉離れの症状は否定できましたが、大腿二頭筋長頭のストレッチ、
収縮で疼痛が誘発されました。坐骨結節から大腿後面(太ももの裏)にかけて
痛みがあり特に坐骨結節に強い痛みを感じていた為、病院の診察を薦めました。

 

MRIの診断結果は「坐骨骨端症」でした。幸い骨折まではしていませんでしたが
年齢も成長期真っ只中のため骨がしっかりしていません。過度の筋の収縮により
骨が剥がれる症状になることもあります。

あまりにも痛みが続くようでしたら医療機関での診断をおすすめします。
中学、高校に上がると急に練習量が多くなり怪我をされるお子さんが多いようです。

 

しっかり体のケアをして思い出に残る青春時代を過ごして欲しいですね!!

以上です。

 

おいせ鍼灸接骨院

所在地:名古屋市中村区太閤3丁目3-12

電話:052-414-4766

コラム監修者

坐骨骨端症 おいせ鍼灸接骨院 写真

院長川口悟史

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に18店舗 簡単予約はこちらから