心臓病とは ふじがおか鍼灸接骨院

こんにちは!ふじがおか鍼灸接骨院(名古屋市名東区)の杉山です!

 

今回は日本人の死因で第二位といわれる心臓病についてお話させていただきます。
しかし一口で心臓病と言っても色々な種類があります。なので今回取り上げるのは、皆さんがよくお聞きする生活習慣でなる心臓病…虚血性心疾患についてお話させていただきます!!

 

・虚血性心疾患はとはどんな病気??

虚血性心疾患は簡単に言うと心臓に栄養を送る冠動脈という血管が狭くなり、血液が運ばれなくなって起こる病気です。皆さんがよくお聞きする狭心症、心筋梗塞も虚血性心疾患の一つです。
この冠動脈は心臓を囲むように通っており、この冠動脈が狭くなるのが狭心症、詰まってしまうのが心筋梗塞と分けられます。

 

 

・ 何が原因でなるの??

冠動脈を含めて全ての動脈は弾力性があり柔らかい血管です。しかしこの血管が糖尿病や高血圧などで傷つき、その傷口に悪玉コレステロールが付着し、プラークと呼ばれる塊ができます。このプラークが原因で動脈が固くなったり、血液の通り道が狭くしてしまい、これらが原因で心臓に行く血液量が減り虚血性心疾患になります。
また心臓病になりやすい性格もあり、責任感が強く、自分を犠牲にして頑張り、常にイライラし、ストレスが溜まりやすい人はなりやすいです。

 

 

・ どんな症状が出るの?

心筋梗塞、狭心症の初期症状はほとんど同じで
・肩や胸などの違和感や不愉快、
・ 動悸、息切れ
・ 足のむくみ
・ めまい
などが起こります。またこの病気が進むと痛みが出てきますが、この二つの病気で唯一違いがあるのは痛み方だけです!!
狭心症は運動した後で胸を締め付けられるような痛み、数分の痛みが特徴です。
心筋梗塞は突然の激しい痛み、30分以上の痛みが特徴です。

 

 

~最後に~

心筋梗塞、狭心症は共に生活習慣が大きく関わっています!!
日頃からの食生活の見直しを、脂っこい食べ物を食べ過ぎず、バランスよく食べ、適度な運動、充分な睡眠を心がけると心臓病になるリスクも減ります!一度自分の生活習慣を見直し病気になりにくい体を作っていく事が大切です!!
また心筋梗塞、狭心症の初期症状が出始めましたら、一人で悩まず、すぐ病院に行き受診することが大切です!!

 

ふじがおか鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区小池町5

電話:052-777-5060