肉離れ(症例) おおもり鍼灸接骨院

こんにちは!おおもり鍼灸接骨院(名古屋市守山区)の旗野です。

 
今回は、肉離れについて症例報告いたします。

 

10月になると地域の運動会が多くなり、普段運動をあまりしていない
お父さん方が参加する話をよく聞きます
*私もその一人でした笑

 

そんな中、運動会で肉離れをしてしまった患者様が2名ほど来院されました。
『準備運動はしっかりしたはずなのに、、』とおっしゃっていましたが
短距離走や綱引きなど、瞬発力や強い力を求められる運動ほど
普段の筋肉の状態がとても影響しやすいのです。

私はなんとか助かりました、、、楽トレやっててよかった!!

 

【症状】

患者・・・40歳 男性 運動会のリレー競争にてカーブ曲がろうとした際に
激しい痛みがモモ裏に出現。
自立歩行は可能。アイシングをして一晩を過ごし、翌日来院。

 

症状・・・熱感(+)二頭筋中央部に圧痛(+)皮下出血(+)腫脹(+)
歩行は可能だが、引きずって歩いている。

 

処置・・・アイシングにて疼痛軽減
ハイボルテージにて疼痛緩和 治癒促進
弾性包帯よる患部圧迫
日常生活では、なるべく普通に歩くように指導。

 

経過・・・疼痛が強く皮下出血も広範囲であったため、3Wの施術を
予定していたが、継続的なハイボルテージによる施術により
通常よりも早期に疼痛レベルが減少。状態に応じた運動療法を
早期より開始した為、出血斑の消失や機能改善も速やかに行えた。
2Wで治癒。

 

【考察】

今回の患者様は、普段からトレーニングをされていた事、適切な応急処置と
治療を開始したタイミングが早かったことから、通常施術期間よりも早期に
治癒したと思われます。また、患者様自身も積極的に施術、運動をしてくれました。

 

このように、早いタイミングから治療を行う事で早期復帰、改善が見込めます。
土曜日の夜、祝日も診療しておりますので、そういったことが起きたら
すぐお近くのハートメディカル各院へお越しくださいね。

 

 

おおもり鍼灸接骨院

所在地:名古屋市守山区大森3丁目1815

電話:052-726-3214