新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

膝の痛み ハート鍼灸接骨院

こんにちは!ハート鍼灸接骨院(名古屋市名東区八前)の中島です!

 

ストレッチには筋肉のこわばりをほぐしたり、関節の動きの幅を広くしたり、
血液の循環を良くして疲労物質を取り除く効果、体温の維持など効果があります。

ストレッチを行う事で、ケガのしにくいカラダ、疲れを残さない若々しいカラダ、
ハツラツとした日々を送ってみませんか?

今回は膝の痛みについて書きます。

 

①膝の前側に痛みがある場合太ももの前側の筋肉、大腿四頭筋と呼ばれる筋肉の柔軟性の低下が考えられます。

大腿四頭筋は、体重支持の主動筋であり、膝関節の動きや固定にも重要な役割を持っています。そのため、体重支持、着地衝撃吸収の効率が悪くなり、筋肉や腱の付着部である膝蓋骨への負担が大きくなり、痛みに繋がることがあります。

 

②膝の内側に痛みがある場合、太ももの後ろの筋肉、ハムストリングと呼ばれる筋肉の柔軟性の低下が考えられます。

縫工筋、薄筋、内側ハムストリングを構成している半膜様筋、半腱様筋などの多くの筋肉が鵞鳥の足のように膝の内側に位置する鵞足と呼ばれる場所に密集して付着しています。

筋肉の柔軟性が低下する事によって、付着部の骨への負担が大きくなり、痛みに繋がると考えられます。

 

③膝の外側に痛みがある場合、臀部から膝の外側を通る靭帯、腸脛靭帯の柔軟性の低下が考えられます。

過剰なランニング距離や時間、硬い路面や下り坂を歩いたり、かかとの外側のすり減ったシューズを履いていたり、
O脚傾向のある方は、この腸脛靭帯が硬くなってしまい、太ももの骨(大腿骨)との間で摩擦が多く起こり、
違和感や痛みに繋がると考えられます。

 

膝の痛みでお困りの方、是非ハート鍼灸接骨院へ気軽に足を運んでください。

私たちプロのストレッチはもちろん、自宅でもできるストレッチの指導や普段の過ごし方など一人一人の患者さんの不安を一つ一つしっかりサポートして行きます。

 

ハート鍼灸接骨院

所在地:名古屋市名東区八前3丁目119

電話:052-775-9430

コラム監修者

院長田中亮平

柔道整復師
鍼灸あん摩マッサージ師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから