新型コロナウイルス(COVID-19)に関する対策について
ひらく

ハートメディカルグループでは、新型コロナウイルス感染予防および拡散防止のため、
来院者様・従業員・関係先等の皆様の健康・安全を第一に考え、
下記の対策を実施しております。

  • 受付、施術室内に低濃度オゾン発生器の設置
  • 全スタッフの健康管理・マスク着用・手洗いうがい・手指消毒の徹底
  • 施術ベッド、ドアノブ、手すり、イスなど接種機会の多い箇所の頻繁な消毒
  • 飛沫感染予防のため、一定時間ごとの換気
  • 来院者様の出入口での手指消毒、マスク着用 など
ブログ

子供の成長~プレゴールデンエイジ期~ 自由ヶ丘鍼灸接骨院

こんにちは!

地下鉄自由ヶ丘駅前、ピンクの看板が目印、自由ヶ丘鍼灸接骨院(名古屋市千種区)の

鰐部です。

 
今年は新たに日本のプロバスケットボールリーグ

Bリーグが開幕しました!!

開幕戦はテレビでも放送されていましたね。

バスケットボールが多くの方に認知されていくことはとても嬉しいことです。
私は小学校4年生からミニバスケットボールチームに入りましたが、父親がコーチをしていたため幼少期からバスケットを観てボールを触っていました。
日曜日にバスケットボールをしてきたのですが、

1歳になった娘を初めてのバスケに連れていきました。笑
早くないか?と思われる方もいると思いますが早くはありません!!

 

皆様は

『ゴールデンエイジ』

という言葉を聞いたことはありますか?

ゴールデンエイジとは9歳から11歳頃までのことをいいます。

どんな時期かというと、競技の技術をカラダで覚えていく時期です。

やること成すことがどんどん行えるようになっていきます。

大人になると先に頭で考えてから動いてしまいますが、子供はカラダで覚えていき、覚えるペースもとても早いです。
しかし、このゴールデンエイジ期を活かすためにはその前段階のプレゴールデンエイジ期がとても大切となってきます。

『プレゴールデンエイジ』は3歳から8歳くらいまでのことをいいます。

ゴールデンエイジは技術の面ですが、プレゴールデンエイジはカラダの使い方を覚えます。

技術を行うにはカラダの動かし方が基本となりますので、プレゴールデンエイジ期で、どれだけスポーツを観て、カラダを動かすかが、将来の運動能力に大きく関係してきます。

 

プレゴールデンエイジ期は3歳からとされていますが1歳にもなると、すぐに動きを真似して新しいことができますよね?

動けなくとも動きを見せておくだけでもプレゴールデンエイジの準備になります。

ぜひゴールデンエイジという言葉を覚えておいてくださいね。

 

ハートメディカルグループ 自由ヶ丘鍼灸接骨院 鰐部

コラム監修者

院長井村 純一

柔道整復師

来院に迷われている方へ

来院にあたって不明点がある方やご自身の症状について不安や悩みがある方はご来院前にご相談いただくことが可能です。

名古屋を中心に22店舗 簡単予約はこちらから